【全文】ドラマ「ホームタウン」の脚本家、過去にセクハラ騒動を起こした映画監督だった…「隠す意図はなかった」立場明かす


ドラマ「ホームタウン」で脚本を担当するチュ・ジン作家が“MeToo”加害者とされたチョ・ヒョンフン映画監督だったという事実が明らかになった。

28日チョ・ヒョンフン監督が公式立場を出し、「チュ・ジンというペンネームの作家は私で間違いなく、2013年にしてはならない過ちを映画界の同僚にしたことも私のことだ」と認めた。

これに先立ち27日にあるメディアは映画「夢のジェイン」のチョ・ヒョンフン監督が、現在tvNで放送されているドラマ「ホームタウン」のチュ・ジン作家と同一人物だと報じた。チョ・ヒョンフン監督は2018年に自身からセクハラをされたという被害者が登場し、議論を巻き起こした人物。これに当時チョ・ヒョンフン監督は、これを認めて自粛していた。

(2ページに続く)

2021.09.28

blank