≪韓国ドラマNOW≫「海街チャチャチャ」10話、シン・ミナが自分の気持ちに従って動き始める=あらすじ・ネタバレ


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

26日に放送されたtvNドラマ「海街チャチャチャ」10話では、ヘジン(シン・ミナ)に真剣に告白したソンヒョン(イ・サンイ)とドキドキのキスで互いへの気持ちを確認したドゥシク(キム・ソンホ)の三角関係が描かれた。

帰宅中、きちんと電気のついた街灯を見てドゥシクが直してくれたのだと分かったヘジンは、ドキドキしながら自宅に到着した。玄関の扉が閉まる瞬間に何者かが入ってきてヘジンが恐怖の中にいると、ドゥシクが現れて無事に怪しい男を捕まえた。その時にドゥシクがけがをしたため、ヘジンはドゥシクと共に病院に向かった。手当をしてもらいながらヘジンを安心させようとするドゥシクの姿にヘジンは涙が止まらなかった。

翌日、ヘジンは一人で祖父の葬儀を執り行っているドゥシクを思いながら、おかずを買って訪ねて行った。するとファジョン(イ・ボンニョン)をはじめ、街の人が次々に現れ、おかずや果物など、お供えに必要なものを手渡した。

一方、自宅前でヘジンを待っていたソンヒョンは、一緒にご飯を食べに行く時間がほしいと言い、二人は近くの屋台に向かった。ソンヒョンは14年前に告白できなかったことを後悔したとし、「ここで君に再会し、ずっと悩んだ。感情が過去の切ない気持ちなのか、現在のドキドキなのか。僕が下した結論は、君のことが好きだということだ」と告白した。

(2ページに続く)

2021.09.27

blank