「イベントレポ」イ・ジェジン(from FTISLAND)除隊後初のオンラインファンミ開催 「軍生活で思い返したのは、FTISLAND とファンの愛と友情。次は日本で会いましょう!」

FTISLAND のベーシスト、イ・ジェジンが、除隊後初となる日本活動として、9 月 26 日、韓国からの生中継で『LEE JAE JIN Japan 1st Solo Online Fanmeeting -Welcome Party-』を開催した。
8 月 1 日に除隊したジェジン。韓国ではひと足早く FTISLAND として音楽番組に出演するなど活動を再開させていたが、日本活動となると、2020 年 1 月の中野サンプラザでの入隊前最後のソロファンミーティング以来、1 年 8 ヶ月ぶりとなる。
ニコニコの笑顔で登場すると、ブルックリン風のスタジオセットで待ち構えるバンドと合流し、「みんな、久しぶり!」と画面越しに声をかけ、ファンへのプレゼントとして入隊前に用意し、入隊後に配信リリースされたソロ曲「Homies」を初生パフォーマンス。仲間への感謝と再会を誓う歌詞は、まさにこの日にピッタリ。続けざまに「みんな、忘れてないよね?でしょ?」と問いかけ、「KILLING ME PLZ」を熱唱したが、優しく、伸びのある歌声は健在だ。

「ただいま!」と元気よく手を振ると、「帰りました。FTISLAND のベース、みんなのジェジンです」と敬礼をカッコよくきめる。「皆さん、元気でしたか? 僕は軍隊生活で健康になり、いい調子です。今日は久しぶりのライブ。オンラインだし、1 曲目は新曲「Homies」だし、すごく緊張しましたが、頑張りますので、みんなも一緒に歌ってくださいね」と帰還の挨拶。そして、「みんながいないから、どこを見ていいのかわからない」と戸惑うと、ファンからのコメントを見て、笑顔を見せた。


3 曲目は、FTISLAND の韓国曲をソロバージョンにアレンジした「Love Letter」。ボーカルからラップまでをひとりでこなすと、ライブパートの最後を飾る FTISLAND のバラード曲「You are my life」に突入。目をつぶって<めぐり逢えた奇跡に あふれる想い>と歌いだしたこの曲は、入隊前最後の日本ファンミーティングでもファンに向けて歌った曲。まるでセットリスト自体が、ジェジンからのメッセージのようだった。

トークパートに改めて登場すると、事前にファンから送られた「ジェジン、おかえりー!」という大きな声のサプライズ。その声に驚きながらも「ただいまー!」と返すと、「声を聞くと会いたくなりますね。これからは僕らのことを邪魔するものはないので、長い旅を一緒に楽しみましょう」とファンに伝え、初公開の写真や映像を交えて、入隊中のさまざまなエピソードを披露した。
まず初公開されたのは、入隊前に坊主頭にする映像。まわりから「かわいい!」という声が上がっていたが、本人は「褒められても、行きたくなくて、イヤだった」という。

ジェジンが入隊したのは、北朝鮮との軍事境界線からほど近い最前線、訓練が厳しいことでも知られる「白骨部隊」というところ。冬はマイナス 20 度を下回るほど寒く、夏は暑く、自然環境も厳しかったそう。朝 6 時に起床し、夜 10 時に就寝するというスケジュールの唯一の楽しみは、夕方 5 時半から夜 9 時まで使用が許される携帯。訓練では射撃が得意で、特急戦士にも選ばれたそう。


白骨部隊では軍楽隊に所属し、ユーフォニアムを担当。軍主催のミュージカル『帰還』に参加したときには、FTISLAND のイ・ホンギとも共演し、ふたりで仲良くランニングをする映像も公開された。
除隊後は FTISLAND のメンバーで会う機会が増えたそう。「入隊中、バンドが恋しかった。みんな同じだったみたいで、除隊したらすぐにホンギさんから“会おう”と連絡があったし、子育てが忙しいミンファンとも時間を合わせて会うようにしている」そう。「けっこう会ってます」という言葉が、ファンには嬉しかったろう。

(2ページに続く)

2021.09.27

blank