ASTROムンビン、「違いのあるクラス」に出撃... これぞ“カバーダンスの専門家” 圧倒的なダンス力全開

人気グループASTROのムンビンが、“格別なクラス”で週末の夜を輝かせた。

ムンビンは今月26日に放送されたJTBCバラエティ番組「違いのあるクラス-質問あります」2話に特別学生として招待された。この日の放送では世界的なダンサーリア・キム(Lia Kim)も出演し多様なトークを繰り広げた

ムンビンはこの日、特別学生として登場し、他の生徒たち(出演者)の愉快な質問にセンスよく答え注目を集めた。続いてこの日、リア・キムをファンの立場から紹介し、リア・キムが披露したステージに呼応するなどファンらしい姿を見せた。

人生のリズムを見つけるための講義でもムンビンは始終集中する姿で視線を集めた。「自分自身にとってダンスとはどのような意味か」という質問に、「芸能界には母の勧めで入った」とし、「その後偶然、オーディションに合格しアイデンティティが確立された後で夢について考え、歌手になりたいと思った」と率直に応えた。

ムンビンはこれまでASTROのステージで多彩な魅力を発散し多くの愛を受けてきただけに、リア・キムが準備したビギナーダンスクラスでも優れたダンスの実力で存在感を表した。簡単な動作もムンビン独自のスタイルで表現し、楽しい雰囲気で授業を成功に導いた。

また、普段から様々なアーティストのカバーダンスを公開し、別名“カバーダンスの専門家”と呼ばれているムンビンは、ソンミの「24時間じゃ足りない」の元々の振り付けに自身が再解釈した振り付けを加えて完成させ、リア・キムから賛辞を受けた。ムンビンは週末の夜、最後まで視聴者を楽しませた。

一方、ムンビンはASTROの 8thミニアルバム「SWITCH ON」の活動を終えた後、多方面で活躍しながら”万能エンターテイナー“として歩みを続けている。

2021.09.27

blank