≪韓国ドラマREVIEW≫「結婚作詞 離婚作曲2」4話あらすじと撮影秘話…ベテラン俳優チョン・ノミン、チョン・スギョンからの撮影秘話=撮影裏話・あらすじ(動画あり)


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

※Wowkoreaのページにはメイキング動画があります。

動画最初から最後まで。

今回はベテランキャストの2人、妻シウン役のチョン・スギョンと夫ヘリュン役のチョン・ノミンの撮影シーンから。
久々に再会し嬉しそうだ。「シウンが怖くて眠れないよ!」と笑うチョン・ノミン。

撮影が始まると、ヘリュンが不倫相手を告白するシーンのため、一気に気まずい空気感が流れる。不倫相手が知り合いだと聞いて、取り乱すシウンは涙を流してしまう。
感情が入りティッシュを準備するチョン・スギョン。しかしメイキングカメラを見つけると笑顔で手を振る。「何で手振るの?そのせいで手首痛めたんじゃない?」とチョン・ノミンが笑う。
その後も撮影が進んでいく。「結婚して何十年も経てば、ケンカして大騒ぎしてもしばらくしたら”ご飯食べた?”ってなるんだよ。人生そんなもんだな」とチョン・ノミン。

互いに「指の演技が変じゃない?」と指摘し合い、修正したチョン・ノミンは「今回は上手かっただろ?こうやるんだよ」と満足げ。
続いては、想像のシーン。「俺どうかしてたんだ。許されるなら戻りたい…」とセリフを言うチョン・ノミンを見て、必死に笑いをこらえるチョン・スギョン。「前で笑うなよ!(笑)」と返すチョン・ノミン。

チョン・ノミン:こんにちは。「結婚作詞 離婚作曲のパク・ヘリュン役のチョン・ノミンです。

チョン・スギョン:こんにちは シーズン2に変わらず出演するイ・シウン役のチョン・スギョンです。

チョン・ノミン:数日ぶりに会ったら、言葉が出てこないか?(笑)

チョン・スギョン:そうですね。変な感じです。シーズン2でまたこうして会ったので。

チョン・ノミン:シーズン2の初日の撮影が終わったんですが、変なシーンで。一方的に怒られて終わりました。

チョン・スギョン:怒られるだけのことしてますからね。

チョン・ノミン:戻ったら受け入れてくれます?

チョン・スギョン:黙ってて。とりあえずみなさんの投票で決めようかと思っています。

チョン・ノミン:責任を視聴者に…

チョン・スギョン:はい。みなさんが望むならそうしますし。

チョン・ノミン:みなさん、許すように言ってください。

チョン・スギョン:シーズン2は以前の作品よりもっと楽しさと悲しさが強く出ていると思います。みなさんどうぞお楽しみに。

チョン・ノミン:もっと面白くなりそうですから、見なかったらみなさんきっと後悔しますよ。

チョン・スギョン:家を出たヘリュンがどうなるのか、見守ってくださいね。シウンがどんな風にかっこよく変わるのかも見てほしいです。

チョン・ノミン:戻るかもしれないじゃないか。みなさん、ぜひご覧くださいね。

●韓国ネットユーザーの反応●

「ドラマではもめてる2人だけど、撮影は楽しそう」
「ベテラン夫婦の雰囲気が上手く出てる」
「他のドラマでもよく見る2人」
「チョン・ノミンがにこやかで優しそう」
「演技力がすごい」

●あらすじ●

「結婚作詞 離婚作曲2」4話では、サヒョン(ソンフン)の母イェジョン(イ・ジョンナム)と父ムノ(キム・ウンス)がウォン(イ・ミニョン)に会いに行く様子が描かれた。

朝早く、サヒョンに内緒で義父母の家に向かったヘリョン(イ・ガリョン)は、義母のイェジョンが一人でウォンに会ったと言うと、ウォンについてあれこれしつこく聞いた。

気に障ったイェジョンは、ウォンが自分にはっきりとサヒョンと終わらせると約束したことを明らかにしたが、ヘリョンが不審そうにすると、ムノは自分が会って決定すると言ったが、ヘリョンには通じなかった。

「だけど愛してるって。お二人も聞きましたよね」と泣くヘリョンに、イェジョンは「子どもができたから、ちょっとフラついたんでしょう。もうサヒョンも目が覚めたし、現実を悟っていた」となだめたが、ヘリョンは「8か月したら、お義父さん、お義母さんに孫が生まれるんですよ」とカッとなった。

さらにサヒョンの連絡がないと「私がいなくなっても関心がないんです。腹の中ではいなくなることを願っているのかも」と言うと、サヒョンに自分が来たことを言わないでほしいと言い、「お二人の話を信じます。しっかり終わらせてください」とウォンとのことを終わらせるように頼んだ。

しかし、ウォンの自宅に向かったイェジョンとムノは、エレベーターの前でおとなしく待ち、丁寧にあいさつをして案内をするウォンを見て驚いた。さらにウォンはムノがコートを脱ぐとすぐに準備しておいたハンガーにかける礼儀正しい姿を見せ、イェジョンが送った果物や花に対して感謝の気持ちを伝え、ムノに先に皿やフォークを用意するなどヘリョンとは正反対だった。

またムノが経済的に支援すると言うと、ウォンは翻訳の仕事をしているうえ、両親が残したものがあるからと言って断った。

さらに妊娠について、サヒョンやイェジョン、ムノに対する恨みではなく自分の過ちだと話すウォンの配慮にムノは感嘆し、「子どもに何の罪がある?無事に生まれてくるようにしてやらないと」と、ウォンを助けると言った。

ウォンが山菜ごはんを食べたいと言うと、ムノは自宅近くの常連の店に連れて行き、サヒョンのように優しくすると約束した。そして結局サヒョンの実家でデザートまで食べたウォンが帰ると、「上下をちゃんと分かっていて、礼儀正しくて…両親がきちんとしつけてから天国に行ったんだな」と好感を示した。

Youtube動画:「結婚作詞 離婚作曲2」メイキング

WOW!Korea提供

2021.09.26

blank