俳優イ・ワン、「映画の街」で成功的な復帰… 6年の空白を感じさせない熱演


俳優イ・ワン約6年ぶりに映画での復帰を発表しました。

映画「映画の街」は別れた恋人の映画監督ドヨン(イ・ワン)とロケーションマネジャーのソナ(ハン・ソナ)の終わったのに、終わってないようなロマンスを描いた映画です。

イ・ワンは劇中別れた元彼ドヨン役を演じ、純粋で率直な魅力を発散しています。恋愛初期の初々しい恋人の出会いから切ない別れ、意外な再会までの一連の過程を現実的に描き出して、多くの人々から共感を得ています。
特に映画の中の背景が釜山だっただけに、イ・ワンの方言演技も注目ポイントでした。の方言演技に挑戦したイ・ワンは今回の作品で自分の服を着たように自然な演技で劇の没入度を高めました。これでイ・ワンは6年間の空白期間が感じられないほど確かな存在感を示していました。

このように作品とキャラクターに対する深い悩みと繊細な表現で毎作品成長中のイ・ワンが、今後俳優としてどんな活躍を見せるのか期待が寄せられています。

一方、イ・ワン主演の「映画の街」は、釜山の美しい景色と現実のロマンスを表わして興行を続けています。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2021.09.23

blank