パク・ミニョン、“間食は我慢できない”…大好物の前では自動的に愛嬌が

女優パク・ミニョンがブンシク(韓国式の軽食)への愛情を表わした。
パク・ミニョンは22日、自身のインスタグラムストーリーズを通じて写真を掲載した。
写真には、撮影現場に本人とスタッフを応援して贈られたブンシクのトラックの写真を撮っているパク・ミニョンの姿が収められている。パク・ミニョンは、ブンシクの前でかまぼこを持って唇を突き出してカメラを見ている。


写真のパク・ミニョンは「ブンシクは我慢できない」としてブンシクに対する愛情を見せた。
一方、パク・ミニョンは、JTBCの新しいドラマ「気象庁の人々:社内恋愛残酷史編」を次回作に選択した。「気象庁の人々:社内恋愛残酷史編」は、熱帯夜より熱く集中豪雨よりつかみどころのない気象庁人々の仕事と愛を描いた職場ロマンスドラマだ。

2021.09.22

blank