BTS-ITZY-SHINee Key(キー)…秋夕以後、カムバック走者は?


長くて長い秋夕(チュソク、中秋節)連休の間、しばらく止まったK-POP界のカムバック時計が再び動きだす。
グループBTS(防弾少年団)を筆頭に、ITZY、SHINeeのKey(キー)など、最高クラスのアイドルが、ひきつづき新曲リリースを予告、音源チャート攻略に乗り出す。

BTS X コールドプレイが“歴代級のコラボ”

世界的なグループBTSと世界的なロックバンド コールドプレイが、歴代級のコラボを繰り広げる。 コールドプレイは24日、BTSとコラボした新曲「My Universe」をリリースする。
「My Universe」は英語と韓国語の歌詞が一緒に入った曲で、コールドプレイとBTSが直接作詞・作曲をした。 プロデュースはポップ音楽界のヒットプロデューサー マックス・マーティンが担当した。
この曲はコールドプレイが来月15日発売する9thフルアルバム「Music Of The Spheres」の2番目の先行公開曲として発売される。 世界トップクラスのアーティストのコラボという点で全世界の音楽ファンの関心が集まっている。


ITZYは24日、ファーストフルアルバム「CRAZY IN LOVE」を全世界同時リリースする。 タイトル曲「LOCO」は、初めて感じた恋の引力をZ世代らしいスタイルで歌った曲で、一度聞けば忘れることはできない強力なキャッチーさを誇る。
2019年発売したデビュー曲「DALLA DALLA」、2020年「WANNABE」を通じて幻想のケミストリーを立証したヒットメーカー“ビョルドゥレチョンジェン(星たちの戦争)”との3度目の出会いで、2021年下半期を強打する名曲誕生を予告している。 “恋なんかに縛られない”と言っていたITZYの新しい姿に会うことができると期待されている。


SHINeeのKeyは、27日ファーストミニアルバム「BAD LOVE」をリリースする。
今回のアルバムには、レトロムードのタイトル曲「BAD LOVE」から「Yellow Tape、「Helium」、Keyが直接作詞した「Saturday Night」と「End Of My World」、少女時代テヨンがフィーチャリングした先行公開曲「Hate that...」まで、多彩なカラーを入れた合計6曲が収録された。
タイトル曲「BAD LOVE」は、強烈なシンセサウンドと迫力感あふれるビートがレトロなムードを漂わせるポップダンスナンバーだ。 自ら選択した悪夢のような愛に壊れながらも相手をあきらめることができない姿を悲劇的に表わした歌詞が印象的だ。 紛らわしい感情を繊細に表現したKeyのボーカルが耳をひきつける。

この他にもCiipher、HOT ISSUE、BLITZERS、PIXYなど、新人アイドルがひきつづきカムバックを予告、次世代K-POP走者を狙っている。

2021.09.22

blank