「BTS(防弾少年団)」、国連演説後インタビュー「初めてではないのに震えて緊張する」(動画あり)


「BTS(防弾少年団)」が「未来世代と文化のための大統領特別使節」として、「第76回国連総会」開会演説を終えた後に行われた国連との「持続可能な発展の目標(SDG)モーメント」のインタビューが、国連の公式YouTubeチャンネルで公開された。

「BTS」は20日に開催された国連総会特別行事「SDGモーメント」開会セッションで、青年と未来世代を代表し、彼らの声を届けた。メンバーたちは演説直後、国連との「SDGモーメント」のインタビューで、今回の演説の背景やSDGに対する感想を明かした。国連グローバル・コミュニケーション担当国連事務次長メリッサ・フレミング氏が進行を務めたインタビューにはムン・ジェイン(文在寅)大統領が共に参加した。

「BTS」の国連演説は2018年と2020年に続き、今回が3回目となり、ことしは「特別使節」として出席した。「BTS」はインタビューで、「国連(総会議場)出席は2回目で、オンラインを含めて演説は3回目となる。初めてではないにもかかわらず、まだ震えて緊張する」とし、「身に余る光栄だと思っていると同時に責任感を持っている。今回は大統領特使として出席したが、全世界の未来世代に投げかけた質問の答えをもとに、彼らの立場を全ての世代に伝えることができるよう努力した。機会をくださった全ての方々に感謝している」と伝えた。

フレミング氏は「SDGが『BTS』と世界に重要な理由」について尋ね、「BTS」は、「世の中には僕たちが今経験しているパンデミックのようにさまざまな困難や危機がある。SDGは現在世代と未来世代のバランスをとり、誰もが公平な恩恵を享受するために設定された共通の目標だと思う。僕たちは現在世代であると同時に、これから生きていく日のほうが多い未来世代でもあるので、SDGを大切に思い、責任感を持っている」と明かした。

(2ページに続く)

2021.09.21

blank