「BTS(防弾少年団)」、きょう(20日)国連総会で演説&パフォーマンス


「BTS(防弾少年団)」が「未来世代と文化のための大統領特別使節」として、「第76回国連総会」に出席する。

20日、所属事務所によると、「BTS」はこの日午後9時の国連総会特別行事である「持続可能な開発目標(SDG)モーメント」開会セッションで青年世代、未来世代を代表し、演説してパフォーマンスも披露する予定だという。これはUN公式YouTubeチャンネルとUN Web TV公式サイト、UNツイッターなどでリアルタイム配信される。

「BTS」が「国連総会」で演説するのは、今回で3回目。2018年9月、「第73回国連総会」国連児童基金(UNICEF)青年アジェンダ「Generation Unlimited」発表行事に出席した当時、リーダーのRMは若い世代に向けて「自分自身を愛し、声を上げよう」というメッセージを投げかけ、話題を集めた。

昨年9月には、オンラインで行われた「第75回国連総会」国連保健安全保障友好国グループ高官級会議に特別講演者として登場。「BTS」はパンデミックの状況に苦しむ人々に「人生は続く。一緒に生きよう」(Life goes on.Let’s live on)という応援の言葉をかけた。

所属事務所側は「『BTS』は、“未来世代と文化のための大統領特別使節”として出席するだけに、今回の国連総会で、この時代を生きていく青年を代表し、未来世代のため、声を上げるだろう」と伝えた。

「BTS」は国連総会の演説を終えた後、米ABC放送とのインタビューを行い、国連総会の主要議題であるパンデミック克服、未来世代とのコミュニケーションなどの考えを明らかにする予定だ。

WOW!Korea提供

2021.09.20

blank