「個別インタビュー」ソル・ギョング×イム・シワン共演「名もなき野良犬の輪舞」ビョン・ソンヒョン監督、「この作品のファンは90%以上が女性」その理由とは?

2018.05.03

「第70回カンヌ国際映画祭」特別招待作品として上映されたほか、世界各地の映画祭に招待され、各国のジャーナリストから大絶賛された「名もなき野良犬の輪舞」(5月5日公開)。
80年代の香港映画やヨーロッパ映画のような古典的でスタイリッシュな映像と、名優ソル・ギョング、若手注目株イム・シワンの共演で話題となった本作は、既存の韓国ノワールとは一線を画すハードボイルド映画。誰かを信じたかった男、誰も信じられない男が出会い、兄弟のように固い絆で結ばれていたが、ある真実が露見したことで、哀しみと憎悪へと向かっていく姿を描く。

自分以外の誰も信用することなく生きてきた犯罪組織のナンバー2、ジェホ役を演じたのはソル・ギョング。危険な魅力とカリスマ的な貫録に一抹の切なさを忍ばせて、無慈悲な闇の中で、一筋の光に心揺れる繊細さを表現した。そして、潜入捜査官という立場を越え、ジェホへの信頼にすべてを賭けるヒョンスに扮したのはイム・シワン。兵役前の最後の出演作であり、太陽のような情熱と美貌と勢いを役にぶつけて、鮮烈な印象を残している。

メガホンを取ったのは、本作が長編3作目となるビョン・ソンヒョン監督。ロマンチック・コメディだった前作「マイPSパートナー」とは打って変わり、韓国ノワールを踏襲し、かつ男泣きハードボイルドとスタイリッシュなクライムアクションを融合させ、ハードボイルド映画の歴史に新たな1ページを刻む作品を誕生させた。
そんなビョン・ソンヒョン監督が日本公開を前に来日し、本作の見どころやソル・ギョング、イム・シワンの魅力について語った。

(2ページに続く)
「イベントレポ」第70回カンヌ映画祭特別招待作品『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』 名優ソル・ギョング×若手注目株イム・シワン共演の話題作「ハゲタカ」の真山仁が大絶賛! 「最後まで騙されない人はいない、万華鏡のような映画」

・<DATV>初放送!ドラマ「王は愛する」イム・シワン主演の大ヒット作! 高麗時代を舞台に三人の男女の切ない愛と固い絆で結ばれた友情を描くラブロマンス時代劇

・<トレンドブログ>軍服務中にある俳優イム・シワンが博物館の“docent”として登場!?

・イム・シワン、平昌(ピョンチャン)オリンピックでいっそう凛々しくなった姿を公開