「個別インタビュー」MYNAMEジュンQ、初舞台・朗読劇・映画に挑戦!「本番1週間でどう感情が動くのか自分でも楽しみです」

2018.04.05

昨年10月にメンバー、インスの入隊により、4人体制となってから、韓国ではKBSのアイドル再起プロジェクト「THE UNIT」に出演し、それぞれの個性を生かしながら、素晴らしいボーカルとパフォーマンスで注目を浴びたMYNAME。

ソロでもマルチな才能を発揮しているが、グループでラップ担当のジュンQが、4月10日(火)から上演される1部ストレートプレイ×2部ライブパフォーマンスの2部構成で贈る「NOSTALGIC-再びの君へ贈る-」で初舞台を踏む。さらに、4月13日(金)からはスチール写真と朗読劇を融合させた新しい朗読劇「フォトシネマ朗読劇 最果てリストランテ」に出演。同作は映画化も発表され、朗読劇に続き、映画への出演も決まるなど、俳優として新たな挑戦に挑むジュンQが作品にかける意気込みを語った。

-まずは「THE UNIT」の出演、お疲れさまでした!
めっちゃ大変でした(笑)。

-でも、ミッションのたびにグループのリーダーになりたいとアピールし、「欲望のジュンQ」というニックネームがつくなど、積極的な姿が印象的でした。
MYNAMEとしてデビューして、6、7年になるじゃないですか。それで、「THE UNIT」でも、出演者の中では先輩の方になるし、うちのリーダー、コヌ兄に教えてもらったことをみんなに教えてあげたかったんです。それで、リーダーに立候補したんですけど、みんなの投票で選ばれなかったから、結局はできなくて…(笑)。でも、「欲望のジュンQ」ってキャラができたのは、うれしかったです。

-「THE UNIT」に出てみて、どんなことを学びましたか?
一番良かったのは、いま日本と韓国で活動しているアイドルはいっぱいいるじゃないですか。そういうアイドルさんたちと同じ番組に出たことで、いろいろ刺激を受けたし、感じるものがあったということです。自分が考えたイメージとか、やりたいことを表現するために、ひたすら頑張る姿勢とか、やる気を近くで見て、僕ももっと頑張ろうと奮起するきっかけになりました。

(2ページに続く)

  • 「俳優×声優×韓流×アー​ティスト」が融合した新たな朗読劇プロジェ​クト「フォトシネマ朗読劇 最果てリストランテ」、追加キャスト、チケット情報発表!
  • 「取材レポ」MYNAME “僕らは前を向いて走ります!皆さんがいるから大丈夫” MYNAME Fan Meeting「出会いあいしてくれてありがとう2017」開催
  • 「インタビュー①」MYNAMEセヨン、「THE UNIT」出演について語る…悪魔の編集、親友FeelDog、そして涙
  • 再追加公演決定!チェジン(MYNAME)&カラム出演 『あなたもきっと経験する恋の話2018』