「個別インタビュー」KNK、デビュー2周年でさらなる飛躍を誓う!5月GWの2DAYS公演に意気込み「エネルギッシュに楽しい思い出をたくさん作りたいです」

2018.04.04

左から、オ・ヒジュン、キム・ジフン、パク・スンジュン、チョン・インソン、キム・ユジン

 

平均身長185cmで、“モデルドル”と呼ばれるルックスに加え、歌唱力、パフォーマンスにも定評のあるKNK(クナクン)。2018年は1月に大阪、横浜でのライブツアーで始動し、多くの日本のファンを魅了した彼らが、3月22日開催の「BUZZQ.UP 2018 spring」に出演するために来日。忙しい合間をぬって、インタビューに応じてくれた。
「お久しぶりです」とにこやかな笑顔で、インタビュールームに入ってきた5人。今回は、デビュー2周年、2月にメンバー2人の誕生日、ゴールデンウィーク(5月4日と5日)に2DAYS(1日2公演)公演開催と“2”に関するキーワードをもとに、和気あいあいとした雰囲気で語ってくれた。

Q.最初のトークテーマはデビュー2周年。ことし3月でデビュー2周年を迎えましたが、振り返ってみるとどんな2年でしたか?
インソン:デビューした年はすごく忙しくて、無我夢中だったように思います。この2年、それぞれがいい経験をして、また1つに集まって3年目に入ったので、さらに良い姿をお見せしたいです。
スンジュン:やっぱりアルバムをリリースして、活動をするのが楽しかったですね。だから、大変だったことより、楽しかったことのほうが記憶に残っています。
ヒジュン:大変なのは、僕たちよりアルバムを待つティンカーベル(KNKのファン)の皆さんの方だと思います。
スンジュン:正直言うと、PVでのダンスシーンが大変ではあったんですけど(笑)。


Q.何のPVが一番大変だったんですか?
スンジュン:「BACK AGAIN」。寝る時間があまりなかったのと、振付がすごく大変でした。5人でぴったり揃えて踊るシーンも多くて、30、40回ぐらい踊りましたね。だから、最後の頃はほとんど記憶がないです(笑)。
ヒジュン:僕も「BACK AGAIN」が一番大変でした。
ジフン:「BACK AGAIN」はずっと踊っていたら、脚の力が抜けて、倒れそうになりました。

Q.ダンスが上手いジフンさんでもそんなに大変だったと。
ジフン:そうです。「BACK AGAIN」は最近、もっとしんどくなりました(笑)。何回踊っても、慣れない振付なんですよ。

(2ページに続く)

・「KNK(クナクン)JAPANファンミーティング/Live 2DAYS ゴールデンウィークSP (仮)」5/4(金・祝)5/5(土・祝)日本教育会館一ツ橋ホール開催決定!

・KNKスンジュン、インソン、ヒジュン、「MIX NINE」のポジションミッションで全員合格

・KNK(クナクン)★ 2018 KNK LIVE TOUR★決定!

・YGヤン・ヒョンソク代表「MIX NINE」で見せたKNKの意外な魅力を絶賛