「個別インタビュー」テウン(SNUPER)&ミンス、「マイ・バケットリスト」でミュージカル初挑戦!「こんなに仲の良い稽古場はない。24時間一緒にいて、台本の話しかしないです(笑)」

2018.02.07

-それぞれ役に共感できる部分、自分と似ている部分というと?
テウン:僕はガンにかかったヘギを理解したくて、本当にいろんなことを調べて、その感情を理解しようと頑張っています。そして、ヘギはとてもピュアな子なんですけど、自分で言うのはちょっと恥ずかしいですが、まだピュアだと思います(笑)。
ミンス:合ってるよ。完璧。
テウン:それで、そのピュアな部分がちょっとヘギと似ているかなって。
ミンス:僕は、カングって本当に大切なのは何かを知っているじゃないですか。ヘギに教えてもらって。その思い出とかが、自分とちょっと似ているなって思いました。昔中学生の頃、運動をやっていたとき、強く見せるのが、一番カッコいいと思っていたんですよ。でもそれはカッコいいんじゃなくて、かわいそうな人だったなって。そんな強く見せなくてもよかったのに、強く見せなきゃって感じになったカングと似ているなって。いま、昔の友達と会って話すと、当時なんで強がっていたのか、恥ずかしいぐらいです。その感情が、カングとちょっと似ているなって思います。



-今回はバディミュージカルで、日によって、いろんな組み合わせができますが、ミンスさんとテウンさんの組み合わせは、どのような部分が魅力でしょうか?
ミンス:俺はカングだから、この純粋な人をぶっ飛ばすって感じでやるしかないですね。つかむときは、めっちゃ強くつかんで。
テウン:痛いよ~(笑)。
ミンス:ハハハ。演技だから。
テウン:僕から見ると、3人のカングがちょっとずつ違うんです。ミンスさんは、声とかめっちゃカッコよくて、本当の不良みたいで。
ミンス:ハハハハハ。
テウン:すみませ~ん(笑)。
ミンス:いいよ、いいよ、大丈夫だよ。
テウン:本当の不良みたいなカングを見て、なんか怖いとか、カングと一緒にこのバケットリストをやりたい、という感情をしっかり出せるように、ミンスさんと一生懸命練習して、本番では2人ならではのケミストリーを起こせる公演をお見せしたいです。

(6ページに続く)