「取材レポ」パク・シフ、キレ味抜群のアクションで魅了!「パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー2017」 開催!

2017.06.16

“韓国王朝版ロミオとジュリエット”と呼ばれ高評価を得た時代劇ドラマ「王女の男」など、ドラマや映画で活躍中の人気俳優のパク・シフが、ファンへの感謝を伝えるため、約8ヶ月ぶりに日本での公式イベント「パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー2017」を開催した。

同公演は「名もなき英雄<ヒーロー>」、「清潭洞<チョンダムドン>アリス」、「検事プリンス」など多数ある出演作の中から、各公演ごとに異なる役をピックアップし、ドラマの魅力やドラマの名シーンを再現するなど、まさにパク・シフしか出来ないドラマ・フェス。

福岡と大阪での公演を大盛況で終えた6月15日(木)、東京ドームシティーホールでファイナル公演を行った。

夜の部「~壮絶アクション!ダーク・スンユVS “影”のヒーロー シユン~」が開演するや否やステージには大きな紗幕が下り、「名もなき英雄<ヒーロー>」の主人公“シユン”として颯爽と登場したパク・シフのスピード感あるオープニングアクションシーンがスタート。

絶妙な照明の演出で紗幕いっぱいに映し出されるパク・シフのシルエット。臨場感溢れるアクションシーンが再現され、観客の目を一瞬にして奪った。

最初のあいさつでは「皆さんに迫力のある姿をお見せしようと思いまして、紗幕の裏でアクションをしてみたのですが、僕としてはちょっと満足感が足りないです」と苦笑い。それに対して温かい拍手を送るファンに「ありがとうございます~」と柔らかな表情と愛嬌で応え、会場を和ませた。

(2ページに続く)