「イベントレポ」ウゴン復帰間近!TRITOPS*ヒョンムン&イルグンユニットライブ ラストスパート疾走中!

2017.03.22

©TRITOPS*Japan official

韓国出身の4人組ボーカルグループTRITOPS*(トゥリトップス)のリーダーのヒョンムンと、メインボーカルのイルグンによるユニットライブの3月公演として3/20(月・祝)にセットリストが異なる『MOON&GUN diary for XXX』と、『Boogie Boogie Night』の昼夜2公演を開催、3/22(水)にはレトロファッションをドレスコードにした『Retro tape』の大阪公演を行った。

今回のライブは4月の公演で怪我の治療から復帰するメンバーのウゴンの合流前最後のユニットライブ。
3/20(月・祝)に渋谷WOMBでの昼公演『MOON&GUN diary for XXX』では、アコースティックギターを手に現れたヒョンムンのソロステージからスタート。

俳優ヒョンビンが歌ったドラマのOSTから始まり、ボブ・ディランの名曲、自作で歌うのは久しぶりだという好きな女性をアンパンに例えた可愛らしい愛の歌『大好き、僕のあんぱん』、そしてヒョンムンが作詞作曲を手掛けた大ヒットドラマ『太陽を抱く月』のOST『月明かりが消えて』、グラミーシンガーAdeleの『Hello』まで、ヒョンムンの幅広い音楽性がわかるソロステージで魅せた。

続いてはTRITOPS*のメインボーカルのイルグンのソロステージへ。

韓国で大ヒットしたドラマの楽曲『Beautiful』からスタート。続いて韓国で2011年に発表したイルグンのソロデジタルシングル『Irresponsibility(責任も取れないくせに)』、Burno Mars『Locked Out Of Heaven』『When I Was Your Man』まで、イルグンの高音の魅力を生かした楽曲を集めたソロステージを披露した。

最近ソロ活動も積極的に行っているがライブとなるとやはり緊張するようで、再びヒョンムンがステージに登場すると「寂しかった~」とイルグンが抱きつく場面も。

その後の2人のステージではTRITOPS*の楽曲で盛り上がる。『closer』では盛り上がったイルグンがダンスをしながら腹筋をチラ見せするサービスも。

その後12月のZeppライブ用に作られた英語歌詞の『all 4 one』、ラストの『my princess』まで会場に駆け付けたファンを楽しませたいという2人の思いがつまったライブとなった。

(2ページに続く)