「イベントレポ」JYJジュンスの花の香り、タイを魅了!3000人が酔いしれる

article

JYJキム・ジュンス(XIA)の「花」の香りが韓国を越えてタイにまで広がって、その香に酔ったファンの反応に彼の「花」はついに完全になった。
ジュンスが21日の夕方6時(以下現地時間)に、タイのバンコクのサンダードームにて「2015 XIA 3rd ASIA TOUR CONCERT 『FLOWER』」というタイトルで公演を開催して3000人あまりのファンと出会った。
この日は、公演開始2時間前から会場の前で公演を待つタイのファンの姿が珍しくなかった。目立つコスプレも、大きな歓声もなかったが、彼らの目つきで感じられるジュンスの公演に対する期待はどの国のファンにも劣らなかった。

article (1)

2ndアルバムのタイトル曲の「Incredible」で公演の幕を上げた彼は「本当に久しぶりにあいさつさせていただきます。とてもタイのファンの方々にお目にかかりたかった。新しい曲で新しいステージを準備したので思いきり楽しんで欲しい」と語った。
そして直ちに3rdアルバムのダブルタイトル曲「X Song」のステージで強烈なパフォーマンスを披露した。続く「Lullaby」のステージでは、セクシーダンスでこの日集まった観客の心を魅了した。同時に「Love you more」のステージではすぐれた歌唱力を披露し、見る人々の目と耳を魅了した。
また「Musical in Life」では、タップダンスと傘のパフォーマンスで観客に新鮮さをプレゼントし、ミュージカル「ドラキュラ」のナンバー「Loving you keeps me alive」のステージでは最高の歌唱力と感情を表現してステージから目をはなせなくした。
ファンからの要請曲である「I Believe」のステージでは歌詞を忘れる可愛い失敗も見せてファンの笑いをそそった。しかしこのように2%不足な彼の姿はむしろ人間的な魅力を倍加させて大きな声援を導き出した。

article (2)

このようにジュンスは多彩なステージを構成し、公演に対する集中度を高めた。ステージごとに新しいコンセプトを導入した彼の公演は2時間という時間が短く感じられるほどだった。それほどステージに対する準備は徹底的であった。

実際にジュンスはひとつのステージが終わる度ごとにしきりに流れる汗を拭くのに忙しかった。タイの気候の特性上、冷房施設が準備されているにもかかわらずジュンスの汗は止めどなく流れた。
ジュンスのあふれる熱情には理由があった。公演に先立って行なわれた記者会見でジュンスは、「信じて来てくれたたファンを裏切りたくなかった。私の公演を見にいらっしゃった方々のために完璧なステージを見せるのが最大のマナーだと思う」と語った。ジュンスは自身の言葉を最後まで守ってファンと共に呼吸した。

article (3)

ジュンスが、この日初公開した「X Song」、「Love you more」、「Reach」、「My night」、「Butterfly」などの新曲と「You are so beautiful」、「FOOLISH HEART(愚かな想い)」、「愛しています」、「君を愛した時間に」、「愛は雪の花のように」、「FLOWER」など合計15曲のステージは、ジュンスというボーカリストの力量を120%感じることができたステージであった。

そしてミュージカル出演を通じてよりアップグレードされた感情表情は、ジュンスをアーティストの域にまで引き上げたという評価だ。
ここに完成度の高いステージの演出力が加わってライブをもっと豊かなものにした。ステージ後方に設置された大型スクリーンは、音楽が変わるたびに荒れ果てたさびしい街になり、静かな林の中になり、雪の降る夜空になった。こんな小さなことが集まってこの日の公演を最高のものにしたと言っても過言ではない。

article (4)article (5)

今度のライブはジュンスの力量と、どこにも劣らないステージ演出力、ファンの情熱が集まって完璧なステージを誕生させたと言える。
いっそう成長したステージに対する強い余韻だろうか、それとも次の公演に対する期待感だろうか。タイで広がったジュンスの「花」の香りは、長い間ファンの胸に残ることだろう。
ジュンスは24日~26日に、日本の東京、31日~4月1日は福岡、7日~8日は名古屋でアジアツアー公演を続ける予定だ。

2015.03.23

blank