女優パク・ボヨン、消防士の安全のため「マスク10万枚」寄付


韓国女優パク・ボヨン(31)が、猛暑の中で市民の安全を守っている消防士らの安全のため「マスク10万枚」を寄付した。

パク・ボヨンは7月、希望ブリッジ全国災害救護協会を通して、キョンサンブクド(慶尚北道)消防本部にマスク10万枚を寄付。猛暑の中で、新型コロナウイルスと死闘を繰り広げている消防および災害現場で汗水流す消防士と救急隊員のためにパク・ボヨンは温かい心を伝えた。

マスクは、パク・ボヨン本人がモデルとして活動中のブランド製品で、これを自ら購入し寄付したことがわかった。

一方、現在パク・ボヨンは映画「コンクリート・ユートピア」の撮影中だ。

WOW!Korea提供

2021.08.06

blank