元新体操選手ソン・ヨンジェ、オリンピック女子バレーボール応援


元新体操韓国代表のソン・ヨンジェが、オリンピックを視聴した記念写真と感想を公開した。

ソン・ヨンジェは4日、SNSのアカウントを通じて、「自宅で見るオリンピック競技には違和感がありますが、韓国の選手たちが善戦してくれてとても幸せです。朝から心臓ドクドク!」と書き込んで写真と動画を公開した。

公開された写真の中でソン・ヨンジェは、両手を口に当て感激した表情でテレビを眺めている。もう1枚の写真ではファイトのポーズをしながら韓国のオリンピック代表選手たちを応援した。

ソン・ヨンジェはこの日午前に行われた、韓国とトルコの女子バレーボール準々決勝の中継画面を撮影した動画も写真とともに掲載し、注目を集めた。

特にソン・ヨンジェは「新体操競技も6日から始まるが、今回は中継が見られなくとても残念だ。次のオリンピックでは必ず韓国の選手が出場することを願う」とコメントし、新体操への愛情を示した。

ソン・ヨンジェは新体操の元国家代表で、2012年ロンドンオリンピックで個人総合5位、2016年リオデジャネイロオリンピックで個人総合4位の成績を残した。2017年に引退した彼女は、新体操選手を育成する「Leao Studio」のCEOとして活動している。

WOW!Korea提供

2021.08.04

blank