俳優ソン・ジュンギ、ノーギャラで障害者イベントをPRした背景が話題…奇跡を起こしたさすがの人格者(動画あり)


ある障害者イベントのボランティアが俳優ソン・ジュンギの美談を伝え話題だ。

今月2日にあるオンラインコミュニティには、「俳優ソン・ジュンギさんの人柄について」というタイトルの投稿とともに、ソン・ジュンギが「第6回障害者国際舞踊祭」をPRする44秒ほどの映像が掲載された。

投稿の作成者A氏は「もうすぐ50歳になるが、他人のコメントだけを読んでいて、自分が投稿をしようと(コミュニティに)加入した。俳優ソン・ジュンギさんに特にごあいさつする方法がなくて」とし、「今年で6回目となる『障害者国際舞踊祭』というイベントがある。先天的に体が不自由な子どもたちが自分たちだけの感情を体で表現し、不慮の事故に遭った方々が人間の限界を超え、美しい踊りの全体的なラインを披露するイベント」だと紹介した。

そして「私は舞踊祭に3年間、ボランティア活動をしている人の一人」だとし、「国際イベントだが大衆的な人気はなく、当然スポンサーがつく商業的なイベントでもない。その上新型コロナウイルスにより今年は本当にPRが深刻な状況。ところが奇跡が起きた」というのだ。

A氏は「7月にソン・ジュンギさんがコロナで自家隔離となっているというニュースを見て、やっとのことでメールアドレスを手にして、隔離なさっている間は時間があるはずなので、ご自宅で30秒ほど携帯電話でPR映像を撮影してほしいとお願いしてみた」とし、「これまで6年間のイベント資料を送ってほしいとおっしゃり、しばらく連絡がなかった。同じ時期に依頼していた他の芸能人たちも同じだった」と述べた。

(2ページに続く)

2021.08.03

blank