【全文】タレントのパク・スホン、「みにくいうちの子」騒動を釈明…“結婚の話は昨年から、誤解しないでほしい”


タレントのパク・スホンが先日結婚発表をしたが、そんななか「みにくいうちの子」の出演に関する騒動に発展したため、SNSで釈明した。

パク・スホンは28日、一般人の恋人と4年間の交際を経て結婚したことを発表した。2人は結婚式はせず婚姻届だけを提出したことも明かし、祝福を受けていた。

しかし2人が4年間交際していたという事実が伝えられると、オンラインコミュニティを中心に、一部のネットユーザーが疑問を呈した。パク・スホンが「みにくいうちの子」に出ていた当時、「40歳の独身男性」キャラを演じていたため、視聴者をだまえいていたのではないかと指摘したのだ。

これに関して番組側はedailyに「公式的に発表することはない」としつつ、「現在パク・スホンの母も出演していない状態であるため、自然に降板したと思ってもらえばいい」と伝えた。

以下、パク・スホンのSNS全文。

2018年12月、紹介で知り合って、年だけ見ると4年ですが、付き合った日数は972日、2年7か月です。年で話したせいで混乱させてしまいました。妻とは2020年から結婚について真剣に考えはじめました。

そのためその時期から「みにくいうちの子」の出演が減っていると思います。スタッフの皆さんに被害が及ばないことを祈っています。また視聴者の皆さんにも、妻に出会う前の僕の姿を見て誤解しないでいただけると幸いです。未熟な部分ばかりですが、今後も努力していきます。よろしくお願いいたします。

WOW!Korea提供

2021.07.30

blank