「バラコラ」俳優リュ・ドクファン、「牛島居酒屋」に助っ人として登場!ハグをして再会を喜ぶキム・ヒソン&ユ・テオとの関係は?


今夏、新たに登場し、注目されているのが“BARバラエティ”。
「パラドンパダ」(JTBC)と「牛島(ウド)居酒屋」(tvN)だ。共通しているのが、普段バラエティではあまり見ないトップ俳優たちがその中心となっているということだ。ただし、どちらの番組も期待の大きさとは裏腹に、視聴率では苦戦を強いられているというのが現状だ。

イ・ジア、イ・ドンウク、キム・ゴウン、オンユ(SHINee)、スヒョン(AKMU)ら豪華出演者が勢揃いした「パラドンパダ」は、以前このコラムでも取り上げた通り、6月29日(火)の初回放送が視聴率1.482%(ニールセンコリア調べ)で始まり、直近の7月20日(火)の第4話は1.357%と1%台でじりじり下がっている状況だ。

一方、7月12日(月)にスタートした「牛島居酒屋」は初回2.6%を記録したが、19日(月)放送の第2話では1.5%にダウンした。

「牛島居酒屋」は女優キム・ヒソンを筆頭に、タレントのタク・ジェフン、俳優ユ・テオ、お笑い芸人ムン・セユン、KAI(EXO)が出演。済州島の東部に位置する小さな島、牛島を舞台に、出演者たちが毎日3組の新婚夫婦を招き、宿泊サービスとおいしい料理を提供しながら、ステキな新婚旅行の思い出作りをサポートするという番組だ。

同じtvNで放送された「ユンステイ」を彷彿とさせるが、すでにその指摘も出ている。出演者で比較してみると、居酒屋の看板女将的な存在のキム・ヒソンがユン・ヨジョン、支配人のタク・ジェフンがイ・ソジン、メインシェフのユ・テオがチョン・ユミ、キッチンの補助やサービング、イベント担当のムン・セユンとKAIがパク・ソジュンとチェ・ウシクを連想させるポジションにいるのだ。

ただ、外国人を対象に韓国料理や韓国文化の魅力を届けた「ユンステイ」が、どちらかと言うと、出演者同士の楽しいやり取りなど出演者のキャラクターに焦点を当てていたが、「牛島居酒屋」は新婚夫婦のエピソードに重きを置き、出演者と新婚夫婦たちのざっくばらんなトーク部分もポイントとなっている。

(2ページに続く)

2021.07.22

blank