<衛星劇場>チュウォン除隊後復帰作!時空を超えたSFヒューマンラブストーリー! 『アリス(原題)』 9月16日より放送決定!

©SBS

松竹ブロードキャスティング株式会社が運営するCS放送局「衛星劇場」では、韓国SBSで昨年夏に放送され高視聴率を記録した、チュウォン除隊後復帰作となったドラマ「アリス(原題)」を、9月16日(木)から放送することが決定いたしました。

©SBS

本作は、失感情症の刑事と天才物理学者による時空を超えたSFヒューマンラブストーリーで、チュウォンが生まれつき感情のない刑事を熱演し、「2020 SBS演技大賞」ではプロデューサー賞を受賞しました。

©SBS

そして、キム・ヒソンが母親と天才学者の一人二役に挑戦し、近未来を舞台に時間旅行システム“アリス”を巡る壮大な謎を追う異色作となっております。韓国ドラマの枠を超えた映像美は必見です。

 

アリス(原題)
CS放送局「衛星劇場」にて 9月16日(木)放送スタート!
毎週(木) 後11:00~深1:30 ※2話連続放送
再放送 翌週(水) 後1:30~4:00 ※2話連続放送

■番組情報
2020年/韓国SBS/全16話
[演出]ペク・スチャン
[脚本]キム・ギュウォン、カン・チョルギュ、キム・ガヨン
[出演]チュウォン、キム・ヒソン、クァク・シヤン、イ・ダイン

©SBS

■イントロダクション
チュウォン除隊後復帰作!失感情症の刑事と天才物理学者による時空を超えたSFヒューマンラブストーリー!
チュウォンが生まれつき感情のない刑事を熱演し、「2020 SBS演技大賞」ではプロデューサー賞を受賞!キム・ヒソンが母親と天才学者の一人二役に。近未来を舞台に時間旅行システム“アリス”を巡る壮大な謎を追う異色作。韓国ドラマの枠を超えた映像美は必見!

©SBS

■ストーリー
2050年、時間旅行システム“アリス”が存在する世界。アリスを構築した科学者ソニョンはある予言書を追って1992年にやってくる。だが自身が妊娠したことを知り、1992年にとどまり一人で息子ジンギョムを出産する。産まれた息子は生まれつき共感能力のない失感情症を抱えていた。高校生になったジンギョムは母の誕生日を祝うためにケーキを用意するが、その日にソニョンは何者かに殺害されてしまう。生まれ
て初めて涙を流したジンギョムは、犯人への復讐を心に誓う。10年後、ジンギョムは犯人を捜すために刑事となったが、彼の目の前に亡くなった母と瓜二つの天才学者テイが現われる…。

❏衛星劇場
https://www.eigeki.com/special/alice

2021.07.22

blank