≪韓国ドラマNOW≫「わかっていても」4話、ハン・ソヒとソン・ガンが定義できない妙な関係に=あらすじ・ネタバレ


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

10日に放送されたtvNドラマ「わかっていても」4話では、友人と恋人の間、定義できない妙な関係になったナビ(ハン・ソヒ)とジェオン(ソン・ガン)の様子が描かれた。

ジェオンはナビに「僕はずっと君に会いたいけど、君はどう?」と聞いた。ナビはその言葉が「付き合おう」という意味ではないことを知りながらも、断ることはできなかった。共にする数多くの夜の中、甘いスキンシップと耳元でのささやきは、普通の恋人たちと変わりなかった。しかし実際は刻々と色が変わるサンキャッチャーのように昼と夜が違う二人だった。この全ての悩みは、「ただ共にする夜が楽しいこと」というそれだけで解消された。

現実の自覚は予想外のタイミングで訪れた。ジェオンが展示会を見に行こうと言った日は、ナビの誕生日だった。恋人でもないのに、誕生日を一緒に過ごしたいのは、一線を越えることのようだった。さらに二人の間にはまだソラ(イ・ヨルム)という存在が残っていた。結局ナビはジェオンの誘いを断ってしまった。

誕生日にナビが訪れたのは実家だった。しかしナビの母親は他の人と一緒にいて、気まずい状況を避けようとする母親の姿に残念な気持ちで家を出た。祝ってくれる人は誰もいない寂しい誕生日になるかと思った矢先、贈り物のようにジェオンがナビの前に現れた。思ってもいなかったデートはこうして始まった。夜しかないと思っていた二人の間に、にじむ真昼のデートは幸せにあふれていた。同時に、また新たな関係への期待も大きくなった。しかしジェオンはソラからの連絡を受けて行ってしまった。一人残ったナビは、埋められない寂しさと向き合うことになった。

ここでジェオンとナビの隠密な関係を取り巻く噂が一気に広がり始めた。人間関係はもちろん、学業にも影響を及ぼすことを実感したナビは、全てを終わらせる決心をした。ところがジェオンの姿を見た瞬間、ナビの口から出てきたのは「あなたこそ、こうして会っている人がほかにいるの?」という一言だった。ジェオンはナビの気持ちを見抜いたかのように「いない」と答えた。お互いの気持ちを詠もうと見つめ合っている二人の前に一台の車が止まった。車から降りた男は、ジェオンを攻撃した。驚いたナビはすぐにジェオンと男の間に入り込み、容赦なくナビを突き倒した。それを見たジェオンは一瞬でひょう変し、誰にも心から接したことのないジェオンの顔に立ち込める冷ややかな表情は、ゆっくりと変わっていくジェオンの内面を表していた。

WOW!Korea提供

2021.07.12

blank