女優クララ、脅迫容疑で書類送検…活動すべて中断へ

女優クララ、脅迫容疑で書類送検…活動すべて中断へ

韓国女優クララ(29)が前所属事務所ポラリスエンターテインメントのイ・ギュテ会長(66)を脅迫した容疑で送検された。

ソウル地方警察庁知能犯罪捜査隊は16日、「クララと彼女の父親イ某氏(64)を暴力行為等処罰に関する法律上共同脅迫容疑で最近、書類送検した」と明らかにした。

クララとポラリスの紛争は、クララが昨年12月23日、ソウル中央地方裁判所にポラリスを相手取り専属契約効力の不存在確認訴状を提出したことで浮き彫りとなった。特に、クララがイ・ギュテ会長から性的羞恥心を感じたと明かしたことから、注目を浴びた。

当時、クララはポラリスと昨年6月から2018年まで契約した状態だったが、争いが生じた後、ポラリス側はクララと彼女の父親を脅迫容疑で告訴した。

現在、クララはすべての芸能活動を中断している。これを前に香港で映画撮影やプロモーション活動に出席するなどのスケジュールをこなしていたクララは、去る2日に帰国し、解決のために集中していることが伝えられた。

一方、イ・ギュテ会長は防衛事業関連不正疑惑で、去る11日に逮捕されている。

WOW!korea提供

2015.03.16

blank