「Mine」キム・ジョンファの同性愛演技に批判殺到…夫ユ・ウンソンの関連発言も物議に?


韓国女優キム・ジョンファ(37)の同性愛演技に関連し、夫ユ・ウンソン(44)が「私たち夫婦は同性愛に反対します」と主張した。

tvNドラマ「Mine」でキム・ジョンファ(チェ・スジ役)はキム・ソヒョン(47/チョン・ソヒョン役)と元恋人関係にある。去る24日の放送でキム・ソヒョンはキム・ジョンファの「どんな意味なの?」との質問に「わたしの物」と述べ涙を流した。

しかし放送直後、キム・ジョンファと彼女の夫ユ・ウンソンのInstagramには、同性愛を演じたキム・ジョンファに失望したとするネットユーザーらの書き込みが相次いだ。キム・ジョンファの宗教はキリスト教で、ユ・ウンソンは現代的キリスト教音楽の歌手であり作曲家だ。

ネットユーザーらは「演技とはいえ、神の創造に逆らう役柄を演じなければならないのか」、「聖書では同性愛を禁じている」、「正さなければならない病のようだ」などのコメントが寄せられた。

また、夫ユ・ウンソンは、「キム・ジョンファ氏の役をどう考えているのか」とのコメントに「演技は演技だ」、「同性愛コードではない。悩み苦しんで正常に戻るドラマだ」と反応。さらに、「制作側が同性愛でノイズマーケティングをしているようだ。私たち夫婦は同性愛に反対する」との見解を示した。

これを見たネットユーザーからは「ドラマに没頭できなくなる」、「夫がネタバレするのか」など批判の声が届いている。

一方、キム・ジョンファとユ・ウンソンは2013年8月に結婚した。

WOW!Korea提供

2021.05.25

blank