<トレンドブログ>「SHINee」テミン、「トークでもしようか?」に出演…軍入隊控えて心境告白


入隊前最後のソロアルバム「Advice」をリリースして、韓国内外のチャートを席巻している「SHINee」のテミンが、作詞家キム・イナがインタビュアーを務める「トークでもしようか?(kakaoTALKでもしようか?)」に出演して、キム・イナとヒーリングトークを交わします。

25日昼12時に公開されるkakaoTVオリジナル「トークでもしようか?」では、31日に軍入隊を控えているテミンが、「SHINee」の“チンペン(本物のファン)”で有名なキム・イナと会って、率直で愉快な時間を過ごします。

特に、テミンは軍入隊を控えた現在の心境と、今までの活動に対する所感だけでなく、個人的にこの頃関心を持っている多様な分野に対する話を率直に語って目を引く予定です。

まだ舞台に上がれば夢を見ているようだという13年目“アイドルスター”テミンの歌手としての姿だけでなく、最近読んでいる独特な分野の本に対する話と、たんぱく質摂取のために一日三食お肉を食べている理由など、“人間テミン”のささやかな話まで、ほっこりさせるkakaoTALKインタビューの内容は、今日(25日)昼12時にkakaoTVで公開されます。

収録当時、入隊まで2~3週を控えていたテミンは、軍入隊を前にした心境を聞くキム・イナに「成長して帰ってきます」というりりしいあいさつとともに、「今まで積み重ねてきたことと、今まで個人的な時間を過ごせなかったという物足りなさのようなものを振り返ってみている」と、率直な心境を伝えます。

また、軍入隊を通じて本人をリセットとしたいと言いながら、「今までの自分のコピーでなく、新しいスタートの第2幕を開きたい」という抱負を伝えたりもする予定です。

10年を超えてグループとソロ活動をしてきたテミンの率直な本心も注目を集めます。

今まで積み重ねたものに対して自負心を持っているのかというキム・イナの質問にテミンは、「自負心がある。本当に休む暇もなく仕事をしてきたなあと思う」と、率直な心情を伝えて見る人の共感を得る予定です。

ソロ活動に対しては本人だけのアイデンティティを見せたかったし、まだ自分だけのものを探している過程にあると話して、謙虚な姿を見せることもしました。

新曲「Advice」に対しては、本当に面白くなった舞台の見どころを見せてあげたいという抱負を伝えました。

kakaoTALKインタビューの間中ずっと、本人が「SHINee」のファンクラブである“SHINee WORLD”で、「SHINee」のファンで有名だと、ファンである自負心を表わしたキム・イナは、普段のインタビューの時とは違って、収録中ずっとファンであることを表わして、まるでファンミーティングを連想させる温かい雰囲気を演出して笑いを伝達します。

特にキム・イナは、「SHINee」の歌の中でキム・イナが作詞に参加した「Hello」じゃなく、好きな曲があるかというテミンの質問に、「Aside」、「View」、「Juliette」、「Dream Girl」などを言及して、「今回のアルバム全部みんな」と話して“チンペン(本物のファン)”であることを証明して笑いを誘ったそうです。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2021.05.25

blank