【公式】「GOT7」出身のJB、“JAY B”としてパク・ジェボム率いる「H1GHR MUSIC」から新たな出発


音楽レーベル「H1GHR MUSIC(ハイヤー・ミュージック)」がスカウトした新しいアーティストは“JAY B(ジェイビー)” だった。

11日に「H1GHR MUSIC」は「ボーイズグループ『GOT7』のリーダーとして活動したJBが“JAY B”という名前でH1GHR MUSICに新しく合流する」とし、「14日にはレーベル合流後、初めてのシングルをリリースする予定」だと明らかにした。

「H1GHR MUSIC」の代表を務めるシンガーソングライターのパク・ジェボム(Jay Park)はJAY Bと直々に会い、スカウトの意志を伝え、2人はレーベル合流に対してお互いに持続的な論議を続けてきたと伝えられた。

JAY Bは「ソロアーティストとして新しいスタートだけにさらに慎重に決定しなければならないと思った。音楽的には自由だが、これからどんな音楽をやるかを選択したり、音楽の外的な部分についていろいろ悩んだ」と、「H1GHR MUSIC」入りを決定するまでの過程を説明した。

そして「パク・ジェボム代表が僕を先に見出してくださり信じてくださったことに感謝の気持ちを抱いた。アイドルとして活動した以前の音楽的なキャリアを生かし、これからもっとさまざまな姿をお見せすることができるアーティストになりたいという目標とともに、H1GHR MUSICに合流することを最終的に決定した」と、動機を明らかにし「H1GHR MUSIC」入りへの期待を表現した。

JAY Bは以前の活動当時にもさまざまなグループおよびソロとして多彩に活動したことがある。「GOT7」、「JJ Project」、「Jus2」だけでなく自身が所属した音楽クルー「offshore」での活動も繰り広げ、ソロ音楽活動で使用している“Def.”というアーティスト名で自身が追及する音楽を地道に続けた。これからは「H1GHR MUSIC」のアーティスト“JAY B”という名前をプラスし、R&Bミュージシャンとして、新たな音楽を披露するという抱負を示した。

JAY Bは自身が持つ魅力的な音色を生かし、R&Bベースの音楽の数々を披露する予定。ボーカルだけでなくパフォーマンスに強みがあるだけに、自分だけの強みを生かしたさまざまな制作物で韓国内外の音楽市場で男性ソロアーティストとしてのポジションを固める計画だ。

「H1GHR MUSIC」側の関係者は「JAY BはヒップホップやR&Bミュージックを愛する一人として、該当音楽シーンを愛するファンたち、そして何より自分を応援してくれるファンとのバランスを重要視しながら、自分の誠実さや地道さを音楽活動でお見せする予定」だとしながら、「これからJAY Bはさまざまな姿や自分の自然な姿をお見せするアーティストとして着実に成長していく」と予告した。

一方、JAY Bは14日午後6時に「H1GHR MUSIC」からの1stシングルをリリースする。

WOW!Korea提供

2021.05.11

blank