「BTS(防弾少年団)」J-HOPE&スジ、こどもの日を記念し1億ウォン寄付

 

J-HOPEは「新型コロナで全世界的に多くの人が苦しんでいる」とし、「死角地帯に置かれている海外の子供たちにも暖かい分かち合いが伝わるよう願う心で、過去の国内児童支援に続き、海外の子供のための後援をすることになった」と伝えた。

スジも芸能界の代表的な慈善天使だ。彼女は先月末、社団法人幸せ分かち合いテコンドー連合会に1億ウォンを寄付した。幸せ分かち合いテコンドー連合会は、保育園の子供たちのためのテコンドーの才能寄付、用品支援事業、保育園保護終了児童のための支援事業などを繰り広げる非営利団体。スジの今回の寄付金は、保育園児支援と保護終了児童の生活支援に使われる予定だ。

スジは、2015年に社会福祉共同募金会愛の実大口寄付者の集まり「オナー・ソサエティー」の会員に登録された。

彼女は昨年だけで小児がん患者のために1億ウォン、新型コロナの寄付1億ウォン、集中豪雨の被災者のための寄付金1億ウォン、低所得と疎外層の子供たちのために1億ウォン、低所得女性のために1億2,000万ウォン(約1000万円)相当の生理用ナプキンのサポートなど、絶え間ない慈善活動の歩みを広げた。

それだけでなく、「カフェ社長チェ・ジュン」というサブキャラクターで大きな愛を受けている人気コメディアンキム・ヘジュンも韓国白血病小児がん協会に300万ウォン(約27万円)を寄付した。彼は4日、自身のインスタグラムに「明日(5日)は、こどもの日です。大変な時間を過ごす子どもたちが一日も早く頑張って、一緒に遊べることができる幸せな時間が来るのを願います」と温かい心を伝えた。

WOW!Korea提供

2021.05.05

blank