Highlight、3年7か月ぶりのアルバム…"同時代に活動したSHINeeと2PMを見て力をもらった“

Highlightが3日、3rdミニアルバム「The Blowing」の発売記念オンライン記者会見に出席した。
Highlightが3年7か月ぶりに発表するアルバム「The Blowing」は、「Highlightのメンバーが、長い空白期の終わりが徐々に近づいてくる」という意味だ。長い期間待った末に戻ってきたHighlightが、再び生活の中で最も楽しくきらびやかな瞬間を一緒に描いていこうという願いを込めた。タイトル曲「吹いてくる(NOT THE END)」はギグァンが作詞作曲に参加した曲で、寒い冬が過ぎれば春がくるように終わりではなく新たなスタートであることを知らせる希望のメッセージだ。


すべてのメンバーが軍服務を終えたHighlightは、「些細なことに感謝した」と口をそろえた。特にドゥジュンは、「一緒に音楽ができるということに対してとても感謝した」として、「このような時間が、今後いつまた訪れるかわからないと本当に思った」と打ち明けた。

Highlightはアルバムを準備しながら、先駆けてカムバックした先輩グループであるSHINeeを見て多くのことを考えさせられたという。ギグァンは「私たちも同時代に活動した歌手としてSHINee先輩が見事に活動したのを見て勇気を得た」として、「2PMもすぐにカムバックすると聞いたが、同時代の歌手が彼ら独自の音楽をしながらファンに近付くことができるいい時間だと思う。お互いがお互いにとって慰労になる」と述べた。

(2ページに続く)

2021.05.03

blank