チョン・イル×ユリ主演ドラマ「ポッサム」、初回視聴率3.1%…MBNドラマ初回放送最高記録


MBN総合編成10周年特別企画「ポッサム-運命を盗む」が順調にスタートを切った。

2日、視聴率調査会社ニールセンコリア(有料世帯基準)によると、1日に初放送された同ドラマ第1話は全国3.1%、瞬間最高3.9%まで上がり、MBN歴代ドラマの初回放送最高記録を打ち立てた。

第1話は興味深い朝鮮時代の風習“ポッサム”の話で幕を開けた。この日の放送で、生活のためポッサム(朝鮮時代、寡婦を連れ去って再婚させる風習)の仕事をしているバウ(チョン・イル)が、誤って光海君の娘であるスギョン(クォン・ユリ)をポッサムしてしまい、危険にさらされる内容が描かれた。

同ドラマは興味深い素材や、「美賊イルジメ伝」「太陽を抱く月」「夜警日誌」など多数の時代劇で安定した演技を繰り広げてきたチョン・イルとユリ(少女時代)を主演にし、目を引いた。また、この日の放送では、ラ・ミランがポッサムされる寡婦として特別出演し、笑いを誘った。

「ポッサム-運命を盗む」第2話は2日午後9時40分から放送。オンライン動画サービスwavveでも公開される。

WOW!Korea提供

2021.05.02

blank