「取材レポ」イ・スンギと過ごす甘~い時間!“僕たち、恋愛しようか?”単独ライブ開催!

20131007-leesg

 

 

歌、ドラマ、MCなど、マルチな活躍ぶりはもちろん、幅広い年齢層から圧倒的な人気を集めて広告スターとしても知られるイ・スンギが、10月7日(月)「LEE SEUNG GI JAPAN LIVE 2013 “僕たち、恋愛しようか?”」を東京・東京国際フォーラム・ホールAにて開催した。2012年の韓国人アーティストとして初めての武道館ライブからは1年4ヶ月ぶり。そして今年8月末、久しぶりの日本、大阪USJで台風を退け夏の熱気を引き戻して完全燃焼したサマーツアーからは、2ヶ月にも満たないこの日、イ・スンギは、哀愁がただよう秋の更けゆく夜を甘く、切なく、優しく彩った。

 

オープニングでは『僕たち、恋愛しようか?』という今回のテーマがスクリーンに映し出され、韓国語で「日本での初めての公演から、もう1年が過ぎてしまいました。1年に1度、ついに大事な日が近づいて来ています。みなさんと会うために、多くの時間をかけて準備し、よろこびに満ちた歓声が聞けるかと思い描き、 みなさんの笑顔を想像しながら僕も微笑んでみます。みなさんと会うと思ったら、少し緊張しますね。みなさんとの楽しい時間、大切で貴重な時間、忘れることができない一日、今夜私たちすべてに…」と、ゆっくり一言ずつ噛みしめるように語るイ・スンギのメッセージが会場に響き渡り、場内を甘く包んだ。

 

トップナンバーは、イ・スンギの5.5thアルバムのタイトル曲、「RETURN(デドルリダ)」。昨年12月第1週目にK-POP Hot 100チャートで1位を獲得し、その後6週間連続でトップの座を守り、今年の年頭にアメリカの音楽サイトのビルボードが、安定した人気の要因について集中分析。男性バラード歌手としてのイ・スンギをK-POPスターと評するきっかけとなった、高音がきれいな曲からスタート。続けて2曲目には「森(スプ)」を披露。季節をキャッチしたセンチメンタルな選曲をブラックスーツでシックに会場の雰囲気を盛り上げた。

 20131007-leesg1

大きな拍手と歓声、そしてオールスタンディングのファンに迎えられ、流ちょうな日本語で「みなさん、こんばんは。お久しぶりですね、東京。イ・スンギです。僕は本当に会いたかったです。みなさんもそうでしょ。今日は僕のライブに来てくださってありがとうございます。『 LEE SEUNG GI JAPAN LIVE 2013“僕たち、恋愛しようか?”』やっとこの日が来ました。今夜はみなさんとの大切な時間、1年ぶりのライブ、僕たちの恋愛を最後まで楽しんでください」と、歌声のみならず、語る声も甘いあいさつの後、「言いにくい言葉(ハギ ヒムドゥン マル)」、「叫んでみる(ウェチョボンダ)」の2曲続けて披露。

 

「ありがとうございます。今日、いい感じになってきましたね。僕もドキドキしています。みなさんもドキドキしていますか。今日は2回目のジャパンライブなので、MCを全部日本語でします。お元気でしたか?2階のみなさん、お元気でしたか?すごいですね。去年の武道館から1年が過ぎましたね。早いですね。僕はこの1年、まずはミニアルバムを発売し、ドラマ『九家(クガ)の書(原題)』を撮影して、ツアーでアジアを廻りました。すごいですね(笑)みなさんはどうでしたか?1年間この日だけを待っていましたか。ありがとうございます。僕も今日がんばりますよ。」と、ファンからの熱い声援を受けながら近況を交えて語り、「次の曲は日本デビューシングルから」と、「チングジャナ―友達だから―」を紹介。伝えられない愛を切なく、抱きしめたくなるような声で熱唱。グリーンのペンライトが揺れる会場では「スンギ~」「オッパー」の声援が飛び交って、ファンの心はイ・スンギの哀愁ワールドへと引き込まれた。

 

ステージではストーリーを感じさせる映像が映し出され、ある“君”への手紙や、愛する歌との関わりをつづった心の中のつぶやきを声に出してみるような朗読をはさみながら、「僕に招待(ナエゲ チョデ)」、「どこへでも(オディラド)」を歌いあげた。

上着を脱いで黄色い歓声を浴びたイ・スンギは、「愛しているという言葉(サランハンダヌン マル)」、「全てを君に(タ チュルコヤ)」、「恋愛時代(ヨネシデ)」、ドラマ『華麗なる遺産』の挿入歌「結婚してくれないか(キョロネジュルレ)」を映像と歌とナレーションでドラマチックにつなげて、ファンも大合唱で完ぺきなまでに魅了。ステージと会場を一つにした演出に観客は割れんばかりの拍手と大歓声を惜しみなく送った。

 

「いかがでしたか。よしもとばななさんが書いてくれた、アンアンの連載小説『僕たち、恋愛しようか?』を歌とドラマで表現してみました。みなさん、楽しんでいただけましたか?」とイ・スンギが一言。

またもや会場は歓喜の歓声でどよめいた。

そして、小説の主人公として6ヶ月間、連載されたことに対して「改めて僕が歩いてきた道を、過去を、振り返ることになりました。いつも忙しくて通り過ぎてしまっていた大切な気持ちを振り返ることができました」と明かした。そして、「僕の人生ではもちろん、僕自身も大切ですが、僕をこの場に存在させてくれて、いつも一緒にいてくれたファンのみなさんのおかげだということも、改めて感じました。今まで、芸能人として活動する中で、僕を支えてくれた所属事務所のみなさん、友達、家族、そしてファンのみなさんに改めて深く愛を感じ、そして感謝致します。僕はすべてのファンのみなさんを愛しています。そして尊敬しています」と心からの感謝の思いを語った。

 

20131007-leesg2

次に「今日は僕にこのような機会を与えてくれた方が会場にお越しくださいました。みなさん、わかりますよね?よしもとばななさんです」と紹介。

よしもとばななが韓服姿でステージに登場し、イ・スンギは感動を素直に表した。

 

「ファンのみなさんを代表して、そして僕自身もこの小説を読んで気になったことがあるのですがお伺いしてよろしいでしょうか?」と言葉運びも慎重に、「今回の小説をお書きになりながら、一番大切に思われたことは何でしょうか?」とイ・スンギが質問。よしもとばななは、「何よりもスンギさんのイメージを壊さないように(笑)、その点をすごく注意しました」と答え、本ステージに対し「まるでドキュメンタリーを観ているようなステキな一場面だったと思います」と自身もイ・スンギと実現したコラボの成功を喜び、ファンにも感謝の気持ちを伝えた。

 

また、イ・スンギ自身も愛で感謝の思いを表現した彼をサポートする多くの存在を知ったこと、 日本を代表する作家の1人として、そうした人たちとともに一つの時代を作り上げていく臨場感に、今後のさらなる成長が期待されることなどを「話が下手で」としながらも、「スンギさん、この時代に私たちの前にいてくれて本当にありがとう」とファンを代表するように、秘めた情熱を垣間見せながら、淡々と語って花を添え、イ・スンギは、感謝の思いをハグに込めて表現した。

 

単行本化されたフォトストーリーブック「僕たち、恋愛しようか?」のメイキング映像でソウルでの様子などが映し出され、白いジャケットに黒いラメが装飾されたシャツに着替えて再び登場。

 

ジャズアレンジでデビュー曲「僕の女だから(ネ ヨジャラニカ)」をダンサーとともにステッキを使ってのダンスパフォーマンスで魅せ「ウェディングベール(ミョンサポ)」の途中では、ミュージカルさながらに跪いてプロポーズをする姿も見せた。PSYの「江南スタイル」をイ・スンギらしい替え歌にした「ヌナスタイル」のイントロが流れると、会場の盛り上がりは最高潮に達した。

ジャケットを脱ぎ捨てるイ・スンギ。サングラスをかけてダンサーとステージに立ったイ・スンギ。歓声はさらに高まり、軽快なリズムに乗りきって、世界的ブレイクの乗馬ダンスも披露、熱気は高まる一方。

さらにアップテンポの「Slave(スレーブ)」をスタンドマイクを手に、ステージを右へ左へと大きく動きながら「どうかしてたんだ(チョンシニ ナガッソンナバ)」と歌い続け、会場の雰囲気もアップ。

 

 20131007-leesg3

息を整える時間も惜しんで「楽しんでますか?僕は最近アジアツアーで各国のファンのみなさんにお会いしています。本当に、行く度に僕を応援してくださるたくさんの方たちがいるということを心から感謝しています。いつもこういうコンサートができたらいいと思っていたんですが、東京で実現しました。僕と一緒にいるみなさんも幸せを感じてくれれば、うれしいです」とコメントを加え「お待たせしました」と、自らギターを演奏して「花のように(コッチョロム)」を披露。続けてタイトルそのままの笑顔で「Smile Boy(スマイルボーイ)」を歌い、ライブをともに駆けてきたバンドメンバーを紹介した後、ラストに日本でも有名な韓国歌謡界のオーソリティー、 チョー・ヨンピルの曲をカバーした「旅に出よう(ヨヘンウルトナヨ)」をファンと手拍子で熱くパワフルに歌いこなし、イ・スンギの爽やかキュートパワーと魅力が炸裂したステージは、大歓声で一旦終了。

 

イ・スンギコールと拍手をかき分けて再登場のアンコールでは、ライブをこのまま終えたくないファンの心を代弁するようなタイトル、「まだ終われない話(アジクモッタハン イヤギ)」をセレクト。

 

最後まで、ドラマチックな選曲は、映像でカタカナの歌詞が映され、ファンと大合唱。イ・スンギがファンと声を重ね、心を重ねて、心がジーンと熱くなる特別で貴重なひとときが演出され、「日本のみなさんと近くで会えるのは1年に1度か2度しかないのに、こうして応援してくださるみなさんに、心より感謝します。今日、みなさんと僕はちゃんと恋愛できましたでしょうか?ソウルのコンサートでも会いたいです。本当に、本当に、愛しています」とファンに深く頭を下げ、流れたイントロは「僕の女だから(ネ ヨジャラニカ)」。

 

少しでも、ゆっくり時間が流れて欲しい。できることなら、時間を止めたい。そんな熱く焦がれた思いをメロディーにのせ、ファンと今回最後の大合唱で、ライブにピリオドを打った。

イ・スンギはスタッフを含め、関わる全ての人たちに感謝の気持ちを伝え、「みなさん、ありがとうございました」とあいさつで締めくくり、感謝の投げキッスでステージを後にした。

 

_MG_8963

 

映像に、実物に「かわいい」と客席から何度も、何度も声がかけられたイ・スンギ。

着実な成長の中でも失うことのない新鮮さは、常に新たな世界に“挑戦”するイ・スンギのたゆまぬ努力があるからに違いない。そして、受けた愛への感謝を忘れずにきちんと応え、伝える彼の人間性が、オーラとなって放たれる。とどまるところを知らない成長に、今後も大きな期待が寄せられる。

photo提供 :(C)「AMUSE」

 取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

なお、今回の来日ライブは「イ・スンギ スペシャル~僕たち、恋愛しようか?~」と題し、11月30日(土)夜6:30にWOWOWライブにてオンエア予定。

(詳細は、こちら http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/104361/index.php)

 

 

★ よしもとばなな×イ・スンギ 奇跡のコラボーレションで贈るフォトストーリー

「僕たち、恋愛しようか?  イ・スンギ Photo story book」よしもとばなな著 好評発売中!

 

 

★ドラマ『九家(クガ)の書(原題)』9月日本初放送

■ タイトル:『九家(クガ)の書(原題)』

■ 放送局:KNTV

■ 放送日:9/28~毎週(土・日)後8:45~後10:00

■ 出演:イ・スンギ、ペ・スジ(miss A)ほか

■ 提供元:©MBC 2013

詳細: http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=26143

 

 

*イ・スンギジャパンオフィシャルサイトhttp://www.leeseunggi.jp/

 

2013.10.09

blank