「インタビュー」リセット〜運命をさかのぼる1年〜」イ・ジュニョク オフィシャルインタビュー

Q.このドラマに出演を決めた理由は?
イ・ジュニョク:台本を読んでみたらとても面白かったんです。最初は第3回分までいただいたんですが、2時間で読み終えるくらいサクサク読めました。これは必ず面白いドラマになると思い、出演することにしました。

Q.台本の印象は?
イ・ジュニョク:展開のスピーディーさが印象的でした。テンポがよくて無駄な描写が少ない。何より面白さを追求してる台本だと思いました。内容的に複雑な面はありますが、娯楽性を重視した台本だと強く感じました。

Q.原作は日本でもドラマ化されていますが、ご存じでしたか?
イ・ジュニョク:詳しい情報がなかったので、台本を頂いた時は原作があるとも知らなかったんです。

Q.日本版との違いはどんなところですか?
イ・ジュニョク:日本のドラマは、映像をほんの少しだけ観ました。制作された時期も違うし、韓国版のほうは原作とはまったく違う展開になっています。人物設定は完全に異なるので、日本版ドラマのファンの方も、また違う面白さを見つけていただけるはずです。

Q.演じた役柄について教えてください。
イ・ジュニョク:僕が演じたチ・ヒョンジュはごくありふれた人物です。特別に優秀な刑事でもなく、仕事熱心だけど適当にサボることもある。基本的に明るい人物です。ヒョンジュの少し間の抜けた未熟なところが、事件と関わる際に緊張感を高める時もあれば、逆に和らげる時もあります。作品にメリハリを与える役柄ですね。

Q.強力班の刑事を演じるためにどんな準備を?
イ・ジュニョク:刑事をリアルに描いた作品ではなく、あくまで展開を面白くするための人物設定であり、謎を解くための要素として刑事が登場します。刑事役だからこうしたというより、シリアスになりがちなドラマですから、それを緩和するように念じて演じました。暗い作品にならないよう、ヒョンジュの明るさを強調したんです。

Q.演じていて難しかったと感じた点は?
イ・ジュニョク:楽しい面と難しい面の両方がありました。ヒョンジュの本来のキャラクターから離れた演技、見る人をミスリードさせるためそんなシーンがあります。どう演じようか迷いもありました。でも最近は視聴者の皆さんもいろいろな作品を観てよく分かっています。劇的効果のためだと理解してもらえると思い、その点は気にせず演じられました。役柄の感情を忠実に表すというリアリズムの観点より、ドラマのテンポが重要でした。リズムに乗って演じましたね。

(2ページに続く)

2021.04.13

blank