「ドラマワールド」ハ・ジウォン、さすがアクションクイーン…熱血刑事を熱演

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

女優のハ・ジウォンが、熱血刑事になって帰ってきた。

9日、韓国で放送されたドラマ「ドラマワールド」第4話でハ・ジウォンは、パク・ジュン(ショーン・リチャード)を一気に制圧する刑事“ペク・ジウォン”役を演じ、強烈な初登場で視線をひきつけた。

劇中ハ・ジウォンが演じる“ジウォン”は、80年代の時代劇の「愛は潜伏中1988」の熱血刑事。 パク・ジュンとロマンス気流を漂わせると同時に目標物であるバッグを手にするために対立するなど、妙な雰囲気を漂わせた。

前回の放送でハ・ジウォンは、熱血刑事らしく「直ちにやつらを捕まえに行きます!」と叫ぶなど、以前には見たことない気さくな魅力と情熱あふれる姿でドラマに活力を加えた。 続けて組織の親分ジャンヒョン(チョン・マンシク)の事務所に潜入するためにドレスを着て舞台に上がって歌を歌わなければならないという作戦命令に、「ちょっと待ってください。 あのこのようにタイトなワンピース着てやくざたちの前で歌を歌うために警察になったわけじゃないんですけど!?」と、反抗もしてみるが、結局舞台の上に上がって甘美な声と優れた歌唱力でパク・ジュンの目を引いた。
この日、舞台が終わった後、ジャンヒョンの部屋を探している途中、同じ目的を持って入ってきたパク・ジュンと会って、鋭い対立を継続していたが、誰か部屋に近づくとすぐに緊急さを感じてキスを演出する姿で仕上げされて、次の回のハ・ジウォンの姿をより一層気にならせた。

2021.04.10

blank