【時代劇が面白い】燕山君の側室だった張緑水の最期は?

朝鮮王朝三大悪女の一人に数えられる張緑水(チャン・ノクス)。彼女は韓国時代劇にもよく登場しているが、その人生はどのようなものだったのだろうか。燕山君の側室になっていく過程とその後を追ってみよう。

成り上がった女性

張緑水(チャン・ノクス)は貧しい家で生まれ育った。
成人したあと、王族の屋敷で働く奴婢(ぬひ)と結婚して息子も産んでいた。しかし、夫と息子を置いて家出して妓生(キセン)となった。成り上がりたい、という自らの欲望を叶えるためだった。
張緑水には、不思議なほど妖艶な色気があった。
妓生になった張緑水は30歳を過ぎていたが、10代に間違えられることもあったという。朝鮮王朝10代王の燕山君(ヨンサングン)は、そんな張緑水が気に入って、さっそく宮中に招き入れた。
その結果、張緑水は燕山君の側室となった。
すると、張緑水は、宮中でさまざまな無礼を働いた。
王家の女性たちは「妓生あがりは下品すぎる」と眉をひそめるが、張緑水は「上品ぶっても人間はひとかわむけばみんな下品」とばかりに悟りきった表情で屈託がない。

さらに、張緑水をつけあがらせていたのが、暴政を行なう燕山君という存在だった。
張緑水を寵愛する燕山君は毎晩のように酒宴を開き、酒池肉林を繰り返した。
かくのごとく、王室は生活規範が乱れた。
さらに、王の威光を利用して、張緑水も宮中でやりたい放題だった。
倉庫の財宝を勝手に自分の部屋に運んだ。
そればかりでなく、王家が抱える金で自分の派手な装身具をつくったりした。側近が止めるのも聞かず、張緑水は国家の富を私物化したのである。
燕山君と張緑水の浪費によって、朝鮮王朝は破産に近い状態となった。すると、燕山君は民衆に高い税金をかけ、高官たちの資産も没収しようとした。
王を陰で動かす悪女として、張緑水は激しい憎悪を浴びるようになった。
彼女の運命が変わったのが1506年だった。
燕山君の暴政に憤った高官たちがクーデターを起こした。
(ページ2に続く)

2021.04.02

blank