「カン・ダニエル」の‘YELLOW’は警告!ハイライトメドレーには‘鳥肌’


カン・ダニエルの新しいアルバムが徐々にベールを脱いでいる。

所属事務所は2日午前0時に新しいアルバム「YELLOW」のハイライトメドレーを公開し、全体を支配する雰囲気とメッセージを伝えた。

1番Track「Digital」で始まったハイライトメドレーは音楽と一緒に特別制作された映像で視線を引いた。狭い空間を背景に5つの曲のストーリーテリングが自然と繋がることが興味深い。

カムバックトレーラーで極一部だけが公開されていたタイトル曲「Antidote」は今回イントロが公開された。壮大なサウンドで耳を鳴らし、深奥な歌詞が印象的だ。「部屋を覆う影/息もできないくらい私を締めくくる罠/No-oh, oh, oh」と「I try to run I tried to run away/音もたたずに」などリズミカルな展開が吸引力を高める。

通常のYELLOW色の明るく肯定的なイメージと真逆な雰囲気も独特だ。カン・ダニエルの「YELLOW」は警告、危険、青信号と赤信号の間でどう変わるか分からない不完全信号を象徴する。Trackごとにこのような二重性、反転が存在し、音楽自体も果敢に既存の文法と枠を破ろうした。

ハイライトメドレーを公開し期待感を最高に引き上げている中、ワンステップ進化したカン・ダニエルの音楽性を覗ける新しいアルバム「YELLOW」は4月13日の午後6時に発売される。

WOW!Korea提供

2021.04.02

blank