元「KARA」知英(ジヨン)、日本所属事務所女社長のセクハラにより契約解約?キーイースト側「事実無根」


日本のあるメディアが、韓国ガールズグループ「KARA」出身の女優知英が日本の所属事務所の女社長のセクハラが原因で会社と契約解除をしたと主張した。

しかし、知英側は事実無根だと明らかにした。

週刊文春は、最近掲載した記事で「KARAの知英がスイートパワーを辞めた本当の理由」というタイトルの記事を掲載した。

この記事で週刊文春は、知英が日本の所属事務所であるスイートパワーと最新の契約を解約した理由が女性社長岡田直美氏のセクハラによるものだと主張した。

「KARA」時代から知英の熱烈なファンだった岡田直美社長が知英をストーカーしていたとのこと。週刊文春は、岡田直美社長が知英と同じベッドを使おうとしたり、一緒にお風呂に入ろうとするなど、非常識な要求をしたために知英がスイートパワーを辞める決定を下したと報道した。

スイートパワーは1996年に開業したマネジメント会社で黒木メイサや桜庭ななみなどが所属している。キム・テヒの日本所属事務所として韓国でも有名である。知英は、2014年からこの会社と専属契約を結んで活動を行ったが、最近スイートパワー側が知英との専属契約解約の事実を知らせた。

これに対して知英の現所属事務所キーイースト側は「全く事実無根であり、知英さんと全く関係のないことだ」と明らかにした。

一方知英は、日本のドラマ「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」、映画「ウラチャチャ! マイラブ」などで主演を務め、人気女優の地位を築いた。昨年には、JTBCドラマ「夜食男女」に出演して、韓国国内の活動にも力を入れている。

WOW!Korea提供

2021.04.02

blank