“回顧録のようなPAGE”…カン・スンユン、デビュー初ソロフルアルバムに込めた真心


「WINNER」カン・スンユンが一番カン・スンユンらしく戻ってきた。

カン・スンユンは29日午後6時に各種オンライン音源サイトを通じて初フルアルバム「PAGE」を発売する。

以前、所属事務所「YGエンターテインメント」を通じて「1stフルアルバム『PAGE』は一番自分らしいアルバムだ」と表現しただけあって、タイトル曲「IYAH」をはじめ全曲の作詞・作曲・編曲に参加した。カン・スンユンの過去10年間の音楽旅程が圧縮されたアルバムである。

 またカン・スンユンは「音楽をしながら感じたこと、10年という時間を過ごしながら‘人間’カン・スンユンが感じたことを多く込めた。回顧録のようなアルバムだ」と言い、1stフルアルバムに対する強い愛着を見せた。

シンガーソングライターのカン・スンユンの前に、人カン・スンユンの全てが込められた「PAGE」のタイトル曲「IYAH」はカン・スンユンが自身に向かって話したいことを描いた曲で、彼は「“疲れた自分に話してあげたいことは何か”という考えから始まった」と紹介した。「タイトル曲だけでなく多数の曲が愛ではない他の主題のメッセージを込めている。『WINNER』と『ソロカン・スンユン』の違いになるのではないかと思う」と加えた。
特にカン・スンユンは「私はまだ子供だ(IYAH)/荒れた世の中のプレッシャーをかけないで/私も人間なので全てが上手ではない」との歌詞を通じてデビュー後に自分が感じた多様な感情を率直に溶け込めた。

 「WINNER」の「REALLY REALLY」、「LOVE ME LOVE ME」、「ISLAND」、「EVERYDAY」、「MILLIONS」、「AH YEAH」などのヒット曲を誕生させ、ずば抜けた音楽的な色を誇ってきたカン・スンユン。果たして彼がデビュー後び初めて発売するフルアルバムではどのような世界観を描き、グローバルK-POPファンたちにヒーリングを与えるかが期待される。

一方、カン・スンユンのソロ1stフルアルバム「PAGE」は今月29日の午後6時に発売される。同日の午後5時にはNAVER V LIVEを通じて「カウントダウンライブ」を開催する。

WOW!Korea提供

2021.03.28

blank