【公式】「VERIVERY」、新曲「Get Away」で米国ビルボード2週連続1位


「VERIVERY」が新曲「Get Away」でグローバルな人気への歩みを続けている。

「VERIVERY」が2ndシングルアルバム「SERIES ’O’ [ROUND 1:HALL]」でビルボードワールドデジタルソングセールスチャート2週連続1位に上がる勢いを見せた。

「VERIVERY」は、5thミニアルバムタイトル曲「GBTB」でビルボードチャート1位に初進入した後、新曲「Get Away」もワールドデジタルソングセールスチャート1位を占め、2アルバム連続1位デビューしたアーティストに位置付けたのに続き、再びワールドデジタルソングセールスチャート1位に上がる快挙を成し遂げた。


特に「VERIVERY」は、2ndシングル発売と同時にアメリカ、イギリス、ドイツなど計7カ国のiTunes K-POPチャートで1位を記録したのはもちろん、カナダ、ベルギーのポップチャートTOP10、イスラエル、ブルガリアのK-POPチャートTOP10に上がるなど、海外チャートで注目された。それだけでなく、米国の有力経済誌フォーブスが選ぶ「2021年期待されるK-POPアーティスト」として注目されたり、ニューヨークの週間デジタル音楽販売量2位を占める記録もグローバルアイドルとしての「VERIVERY」の人気を実感させた。

このように、グローバルな人気を立証して人気への歩みを続けている「VERIVERY」の2ndシングルアルバム「SERIES ’O’ [ROUND 1:HALL]」は、「VERIVERY」の2021年新たなスタートを知らせるアルバムで、「O」シリーズを通じて、各自が持っている暗い内面の空間(O)を発見し、彼らが発見した闇をどのように活用するかについて意味を込めたアルバムだ。また、タイトル曲「Get Away」は、レゲエポップベースの壮大なトラックと力のあるボーカルの調和が引き立つ、致命的で夢幻的な雰囲気が魅力的な曲だ。

ビルボードチャート2週連続1位に上がるなど、グローバルアイドルとして注目されている「VERIVERY」に対する関心が集中している。

WOW!Korea提供

2021.03.26

blank