「バラコラ」「SUPER JUNIOR」、ついにカムバックでバラエティ席巻! マネジャーが語るメンバーたちの長所・短所とは!?

3度の延期を経て、ようやく3月16日(火)に10枚目のアルバム「The Renaissance」をリリースした「SUPER JUNIOR」。昨年からフライング気味(?)に「知ってるお兄さん」(JTBC)、「週刊アイドル」(MBC every1)などバラエティに出演し、この15周年記念アルバムの宣伝活動をしてきたが、3月に入り、本格化。番組ごとに登場するメンバー構成は違っていたが、面白さは保証済みなので、どの番組も見応え十分だった。そんな彼らの活躍ぶりを振り返ってみる。

まずは、3月1日(月)放送の「斬新な整理」(tvN)。ウニョクが依頼人として登場し、新居のシンドン宅を訪問。シンドンの家は、「SUPER JUNIOR」のV LIVEチャンネル「SJ returns4」で、メンバーたちが引っ越し祝いをする企画があったので、リビングは見慣れた光景だったが、今回はキッチン、ダイニングルーム、衣装部屋、作業部屋などそれ以外の部屋も公開。

この番組をよく見ているというシンドンは、人気の片づけ本も読んでいるそうで、こんまり(近藤麻理恵)の本が置かれていたのも目を引いた。何より、物であふれていた部屋がすっきりし、倉庫と化していた部屋が、動画撮影ができる1人用スタジオに変化。シンドンが大満足したのは言うまでもないが、ウニョクが次はキュヒョンと生活している「SUPER JUNIOR」の寮をどうにかしてほしいとアピールすることも忘れなかった。

3月14日(日)放送の「もっと食べて家」(MBN)にはキュヒョン、シウォン、ウニョク、ドンヘの4人が登場。この番組は自然料理研究家イム・ジホが、ゲストを料理で癒す感動的な番組なのに、「新西遊記」(tvN)で共演するカン・ホドンから一発芸を振られ、キュヒョンが戸惑うというお笑い要素もあったが、シウォンの美談をはじめ、メンバーたちがお互いの家族を自分の家族のように大切に想っているエピソードの数々を公開。

いつもは笑いに走るウニョクとキュヒョンが真剣モードで、ドンヘはメンバー愛を語り、シウォンが後輩たちのお手本になれるよう、今回の活動も使命感を持って頑張りたいと語っていたのも印象的だった。

同じ日の3月14日に放送された「伝説の舞台 アーカイブK」(SBS)には、アジア圏全域を騒然とさせたK-POPグループとして、「SUPER JUNIOR」を代表し、イトゥク、シンドン、ウニョク、ドンヘ、シウォンの5人がスタジオゲストに登場。

初の海外公演のとき、ほとんどのメンバーが飛行機に乗るのが初めてだったという初々しい話から、グループ内ユニットもたくさんあるので、日本でイトゥクがファンミーティング、「K.R.Y」がコンサート、中国でヒチョルがファンミーティング、タイで「D&E」がコンサート、インドネシアでシウォンがファンミーティングといった具合に、それぞれが各国に分かれ、同時に活動を行ったという話も。メガヒット曲「SORRY,SORRY」のシンドロームから、「アジア大会2018ジャカルタ」の閉会式でパフォーマンスを披露した輝かしい記録を振り返った。

(2ページに続く)

2021.03.23

blank