「NU’EST」、4月に2ndフルアルバムで華麗な帰還…10年目グループの成長と挑戦

 

「NU’EST」の成長は、いまだに現在進行形だ。7thミニアルバムタイトル曲「LOVE ME」は、清涼で甘い姿でリスナーをときめきに染め、8thミニアルバム「I’m in Trouble」で大胆で官能的なセクシーさで前作とは180度違う雰囲気をプレゼント、彼らが引き続き示す無限のコンセプトと可能性を期待するようにした。

また、メンバーベクホを筆頭にメンバーたちのアルバムに参加度が高まることも注目すべきに値する。「NU’EST」は作詞、作曲そしてプロデュースまでアルバムに直接参加し、「NU’EST」だけの名盤を作っていくなど、アーティストとしての一面を誇った。

今年で10年目に入った「NU’EST」は、毎アルバム違ったジャンルとコンセプトを試みて音楽のスペクトルを広げた。堅固に積み上げた特色あるサウンドで「NU’EST」は「信じて聞くNU’EST」という修飾語を誕生させ、幅広いグローバルリスナー層を形成した。

「NU’EST」は洗練された感覚的なサウンドという大きな分岐の下、多彩に変化してきた。1stフルアルバム以後7年間、様々な記録を吐き出して強い底力を見せてきた「NU’EST」の内面をずっしりと盛り込んだ今回の2ndフルアルバムの様々な音楽との新しいコンセプトは、どんな驚きをプレゼントするか成り行きが注目される。

「NU’EST」は4月にフルアルバムで電撃カムバックする。

WOW!Korea提供

2021.03.23

blank