“10代アイドルにセクハラコメント”テジョン自治区の公務員、在宅起訴で検察に送致…大統領府掲示板への告発が発端


数年間10代のアイドルガールズグループのメンバーにセクハラをする悪質なコメントなどを掲載してきたテジョン(大田)自治区の公務員が検察に送致された。

20日に警察などによると、テジョンのトゥンサン(屯山)警察署は情報通信網法違反などの疑いで9級公務員A氏を在宅起訴で検察に送致した。

A氏は公務員に合格する前、インターネットのコミュニティに未成年者のガールズグループのメンバーを相手にしたセクハラ性のある投稿やコメントなどを頻繁に作成した容疑を受けている。

これに先立ちA氏が所属する区役所は昨年末警察に捜査を依頼しており、問題が浮き彫りになった当時、「事実ではない」と釈明していたA氏は現在休職中であるという。被害を受けた芸能人の所属事務所もA氏を刑事告発したことがある。

一方、昨年12月30日に、韓国大統領府の国民請願掲示板に「テジョンの9級公務員に合格した児童セクハラ犯を告発します」という請願が掲示され議論が起こった。

請願人は「ガールズグループの満15歳から17歳までのメンバーたちを対象に、数年間身体部位などに言及した悪質なコメントを日常的に行ってきた者(A氏)が公務員になり、国民の血税を無駄にし、社会構成員として座視することができない」と厳罰を促した。

WOW!Korea提供

2021.03.20

blank