“グローバル人気”BTS(防弾少年団)、ボーイズグループ3月ブランド評判1位…2位NCT、3位SHINee

ボーイズグループブランド評判2021年3月のビッグデータ分析結果、1位BTS(防弾少年団)、2位NCT、3位SHINeeの順で分析された。

韓国企業評判研究所は、2021年2月13日から2021年3月13日まで測定したボーイズグループブランドのビッグデータ42,275,234個を消費者の行動分析を通じてボーイズグループブランドに対する参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数を測定した。 2月のブランドビッグデータ52,820,091個と比較すると、19.96%減少した。

ブランド評判指数は、消費者のオンライン習慣がブランド消費に大きな影響を及ぼすということを探し出して、ブランドビッグデータ分析を通じて作られた指標だ。 ボーイズグループブランド評判分析は、ボーイズグループに対する肯定・否定評価、メディア関心度、消費者の関心とコミュニケーション量を測定することができる。 ブランド評判エディター100人のブランドモニター分析も含まれた。

2021年3月のボーイズグループブランド評判30位までの順位は、BTS、NCT、SHINee、SEVENTEEN、EXO、ONF、THE BOYZ、MONSTA X、ATEEZ、ASTRO、SUPER JUNIOR、TOMORROW X TOGETHER、BTOB、TREASURE、Stray Kids、KINGDOM、Golden Child、GOT7、BIGBANG、INFINITE、SF9、WINNER、Ciipher、未来少年(MIRAE)、PENTAGON、東方神起、2PM、ENHYPEN、BOYFRIEND、SECHSKIESの順で分析された。

1位のBTSブランドは、参加指数1,945,152、メディア指数3,694,958、コミュニケーション指数2,577,024、コミュニティ指数2,704,997で、ブランド評判指数10,922,131と分析された。 2月のブランド評判指数12,696,615と比較すると13.98%下落した。

2位のNCTブランドは、参加指数229,240、メディア指数1,091,145、コミュニケーション指数1,444,799、コミュニティ指数956,813で、ブランド評判指数3,721,997と分析された。 2月のブランド評判指数4,443,291と比較すると16.23%下落した。

3位のSHINeeブランドは、参加指数959,376、メディア指数879,603、コミュニケーション指数738,837、コミュニティ指数634,558で、ブランド評判指数3,212,374と分析された。 2月のブランド評判指数1,677,521と比較すると91.50%上昇した。

韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「ボーイズグループブランド評判2021年3月のビッグデータ分析結果、BTSブランドが1位を記録した。 ボーイズグループブランドのカテゴリーは、2月のブランドビッグデータ52,820,091個と比較してみると19.96%減少した。 細部分析を見ると、ブランド消費16.63%下落、ブランドイシュー16.83%上昇、ブランドコミュニケーション30.47%下落、ブランド拡散27.17%下落した」と、評判分析した。

引き続き「ボーイズグループブランド評判2021年3月のビッグデータ分析1位を記録したBTSブランドは、リンク分析では「突破する、寄付する、怪しい」が高く分析された。 キーワード分析では「ファイブ、ビルボード、トークショー」が高く分析された。 肯定・不定比率分析では、肯定比率87.52%と分析された。 BTSブランドの細部分析を見ると、ブランド消費2.38%下落、ブランドイシュー11.19%上昇、ブランドコミュニケーション30.47%下落、ブランド拡散26.39%下落した」と、ブランドビッグデータを分析した。

2021.03.13

blank