「インタビュー」BTS”グラミー賞に韓国のポップアーティストとして最初にノミネートされたことは信じられないほどの名誉”【第63回グラミー賞授賞式】3月15日(月)WOWOWで生中継!

3月15日(月)WOWOWで生中継!【第63回グラミー賞授賞式】BTS、テイラー・スウィフト、デュア・リパら出演アーティストのインタビュー映像が公開された!!さらに当日日本のスタジオから直前生放送も!
https://www.wowow.co.jp/music/grammy/

日本時間3月15日(月)に開催される「第63回グラミー賞授賞式」に出演するアーティストたちのインタビューがレコーディングアカデミー公式ホームページで動画と共に公開された。

WOWOWでは「第63回グラミー賞授賞式」の模様を3月15日(月)午前9:00から独占生中継で放送・配信する。さらに授賞式直前の午前8:30より日本のスタジオから緊急生放送が決定した!


◆BTS インタビュー◆
Q:2021年(第63回)グラミー賞が近づいていますが、どのような心境ですか?また、(今年のグラミー賞に)何を期待しますか?

V:(グラミー賞が)近づくにつれて、期待と興奮が高まっています。自分たちがノミネートされ、演奏するなんていまだに信じられません。受賞できたら、さらに素晴らしいでしょう。

Q:「Dynamite」は(コロナ禍で)苦しい時に元気を与えてくれた曲でした。はじめてのノミネートでまだ実感はわかないとは思いますが、今はどんなお気持ちですか?またこのことによって、ファンの心を掴むでしょうか?

JIN:BTSは、音楽を通じて僕たちのストーリーをみなさんに届け続けてます。「Dynamite」もそうです。僕たちに力を与えてくれ、ファンに伝えたいメッセージを届けてくれる曲です。

Q:今回のノミネートは、BTSにとってだけでなく、K-POPグループにとっても初めての(グラミー賞)ノミネートです。多くのアーティストは、海外でのあなたたちの功績を称えています。今後続く韓国の若い世代のアーティストたちに(世界への)道を切り開いた事について、韓国代表となったあなたたちはどう感じていますか?

JUNG KOOK:韓国の代表と呼ばれることには圧倒されてプレッシャーを感じています。注目していただき、ファンだけでなく、仲間からのサポートにとても感謝しています。今後も、より良い音楽やパフォーマンスを披露するために、頑張っていきます。グラミー賞にノミネートされた最初のK-POPアーティストであることは信じられないほどの名誉なことであり、これがほんの始まりに過ぎないことを願っています。もし受賞できたら、これは僕らだけではなく、音楽における多様性を追求する多くの人々にとっても、大きな意味を持つことになるでしょう。

Q:(アルバム)BEはこれまでで最も個性的であり、ARMY(BTSファンの事)向けに作成することに携わっていました。なぜあなたたちはパンデミックに対するあなたの欲求不満をアルバムに向けることを決めたのですか?

JIMIN:僕たちは思いを共有し、急激に変化した日常生活の中でも、これまで通りでいる方法を伝える必要があると感じました。人生は続きますからね。僕たちにできることは音楽を作って演奏することだったので、人々が僕たちの音楽に親しみを感じ、癒されることを願ってアルバムBEを作成しました。

Q:この数ヶ月間、皆さんはどのような時間を過ごしてきましたか?パンデミックが終わったら何がしたいですか?

J-HOPE:僕たちはひたすら音楽活動に取り組んできました。パンデミックが終わった後に最初にやりたいことは、ツアーに行ってファンの前で演奏することです。ファン(1人1人)の目を見て、「愛してるよ、アーミー!」と叫びたいです。

(2ページに続く)

2021.03.13

blank