【公式】「BLACKPINK」ロゼ、ソロ楽曲「On The Ground」がiTunesで51か国1位&MV3500万回突破の瞬発力


ガールズグループ「BLACKPINK」のロゼのデビュー初のソロシングル「R」が全世界の音楽ファンの熱い好評の中、グローバルチャートを席巻した。

ロゼのソロシングルのタイトル曲「On The Ground」は13日、アメリカをはじめに計51か国のiTunesのソングチャートで1位に上った。アメリカだけでなくカナダ、ブラジル、メキシコ、チリなど北南米地域の強い勢いが目立ち、主流のポップ市場の中で強力な彼女の存在感をうかがわせた。

またスペイン、フランス、ギリシャ、ポルトガル、トルコなどヨーロッパ地域はもちろん、香港、マカオ、シンガポール、タイ、ベトナムなどさまざまなアジア諸国で1位を獲得し、一気にiTunesのワールドワイドチャートの首位に立った。

すべての歌詞が英語だけで構成された楽曲だが、韓国の音源チャートでも反響も大きい。「On The Ground」は昨日(3/12)午後2時に公開されるとBugs、GENIEの1位に直行した。同時に224時間の累積単位で利用量を集計するMelOnでは半日で最上位圏にランクインし、チャートの王座を狙っている。

MVもYouTubeに公開されてから一日も経たない現在、すでに3500万回を突破するなど爆発的な人気を集めている。YouTubeで「24時間以内で最も多く再生された動画」の1位が確実視されている。

このような人気に支えられ、所属事務所のYGエンターテインメントは「On The Ground」のMVメイキングフィルムを公開した。このMVは華やかで勇壮な映像美はもちろん、“初心”を語る歌詞がロゼの豊かな感情演技と相まって、グローバルなファンたちの好評を得ている。メイキングフィルムも「R」のコンセプトと一脈相通じるシネマティックな雰囲気とロゼの真心あふれた姿で、見る者の視線を釘付けにした。

ロゼは終始一貫明るい表情で撮影現場を和気あいあいとした雰囲気でリードした。彼女はバラ畑のシーンに触れ、「最後のシーンだ。悟りを得て『ここが私がいるべき空間なんだな』ということを表現する。花のような服もきれいに着て、満足したシーンを作ることができた」と心地よい笑顔を浮かべた。

特に撮影現場には「BLACKPINK」のメンバー、ジスが応援のために訪問し、ファンたちの喜びを誘った。ジスはロゼのそばで絶えず応援で励まし、格別な愛情表現で固い義理をうかがわせた。親友として知られる女優のヘリ(Girl’s Day)もおやつカーをプレゼントした。知人たちの心強い支持に後押しされ、ロゼは疲れた様子もなく撮影に邁進し、完成度の高い結果を生み出した。

MVのハイライトといっても過言でない、花火のシーンとリムジンが爆発するシーンは、厳しい寒さにも屈しないロゼの驚くべき集中力で光を放った。撮影を終えたロゼは感情が込み上げてくるように涙を見せ、ともに努力してくれたスタッフたちに感謝の気持ちを伝え感動を与えた。

ロゼの“突風”はある程度予見されていた。3月16日に正式発売される彼女の1stシングル「R」のフィジカル音盤は、すでに事前注文量40万枚を突破し、K-POPの女性ソロアーティストの単一音盤で歴代最高記録を一気に塗り替えた。

一方、ロゼは明日(3/14)にSBSの音楽番組「人気歌謡」で初めてのソロデビューステージを飾る。16日(アメリカ現地時間)にはNBCのトークショー「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン(The Tonight Show Starring Jimmy Fallon)」に出演する。

WOW!Korea提供

2021.03.13

blank