【時代劇が面白い】昭顕世子はなぜ不可解に死んでしまったのか

疑惑の医官をかばう仁祖

不正を調べる役所も疑惑を究明しようとした。
李馨益が鞠問(クンムン/重大な罪の容疑者を厳しく取り調べること)を受けるのも避けられない情勢となった。
しかし、仁祖が鞠問を許可しなかった。仁祖は、昭顕世子の死の真相を明らかにすることにあまりに消極的だったのだ。
さらに、不可解なことがある。
普通、王族の重要人物が亡くなると、主治医は落ち度がなくても責任を取らされて処罰された。
だが、李馨益は処罰を免れた。それも、仁祖が李馨益をかばったからだ。
なぜ、仁祖がそこまでする必要があったのか。
おそらく、彼が昭顕世子の毒殺事件にかかわっていたからであろう。
趙氏は昭顕世子と仲が悪かった。しかも、趙氏は仁祖の息子を産んでいて、仮に息子を王にしたいと強く願えば、一番邪魔だったのが昭顕世子だった。

つまり、趙氏には毒殺を進めなければならない有力な動機があった。
しかも、鍼治療を行なったのが、自分の息がかかった医官である。かぎりなく「黒」に近い「灰色」だ。
それでは、仁祖はどうなのか。
常識的には、王が世子を毒殺するというのは考えられないのだが、仁祖には常識が通用しない。昭顕世子が亡くなったあとの仁祖の態度を見ると、非常に疑わしい。
なによりも仁祖は、昭顕世子によって自分が王位を追われるという恐怖心を強く抱いていた。
「世子さえいなければ……」
仁祖がそう思っても不思議はない。
仁祖と趙氏が共謀して李馨益に毒鍼を打たせた、という可能性はかなり高い。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

提供:韓流テスギ
http://tesugi.com/

 

2021.02.19

blank