Big Hit&ユニバーサル、オーディション番組2022年放送…「BTS(防弾少年団)」に続く世界的ボーイズグループを発掘


Big Hitエンターテインメントとユニバーサルミュージックグループが戦略的パートナーシップを強化する。

技術革新と技術を基に、アーティストたちにより大きなチャンスを提供し、K-POPのグローバルな影響力を拡大するためだ。

Big Hitエンターテインメントとユニバーサルミュージックグループは18日午前8時(韓国時間)、デジタルライブストリーミングプラットフォーム「VenewLive」を介して重要事項を共同で発表した。

この日、両社の戦略的パートナーシップの拡大の発表に先立ち、ユニバーサルミュージックグループは先週、Big Hit、Kiswe、YGエンターテイメントとKBYKのデジタルライブストリーミングプラットフォーム「VenewLive」に共同投資すると発表している。これを証明するかのようにBig Hitとユニバーサルミュージックグループは、歴史的なK-POPボーイズグループのデビュープロジェクトを公開して視線を集中させた。

ユニバーサルミュージックグループ会長ルシアン・グレインジュは、「Big Hitは最も革新的なグローバル音楽グループ。良い音楽は、言語や文化の違いを乗り越えることを見せてくれた」とし「音楽産業の歴史の一ページだ」と自負した。

続いて彼は「ジョイントベンチャーを設立し、グローバルアーティストのプロジェクトを作る。また、Big Hitの新設プラットフォームと技術を利用して、私たちのアーティストたちと世界中のファンの間の緊密なコミュニケーションを協業する。両社の協力が非常に期待される」と述べた。

Big Hitエンターテインメントパン・シヒョク取締役会長兼代表取締役は「ユニバーサルミュージックとBig Hitは、革新を着実に追求してきた。音楽史で相乗効果を呼び起こすだろう」と自負した。

Big Hitエンターテインメントユン・ソクジュングローバルCEOは、ルシアン・グレインジュが言及したデビュープロジェクトについて、「グローバル市場で活動するボーイズグループをデビューさせる。グローバルオーディションになる。米国内のパートナーと進め、2022年放送を目標にする」と明らかにした。

ユン・ソクジュンCEOは「両社が最も強みを持つ領域を引き受け、シナジーを最大化する予定。グローバルファンは前例のないグループの誕生過程を経験することになる。米国ロサンゼルスに拠点を置くジョイントベンチャーを基盤とする」と説明した。

また、彼は「Big Hitが16年間獲得してきた成功の方程式を世界の音楽市場、グローバル市場、その中心である米国に置くことに意味がある」とし、「また、このグローバルグループは、K-POP形式で活動する。ユニバーサルにもBig Hitにも意味がある。産業の結合を超え、文化の結合になるだろう」と期待感を表わした。

ユニバーサル代表レーベルインタースコープ・ゲフィン・A&Mレコードのジョン・ジェニク会長兼CEOは、「ゲフィンレコードとBig Hitのプロジェクトに私たち全員、信じられないほど嬉しい。このパートナーシップにより、両社はアーティストとファンの両方に有益な全世界の音楽の未来を作るための一助になるだろう」と意味を付与した。

最後に、パン・シヒョク議長は「両社とも音楽ビジネスの革新を追求するという点、私たちのファンには絶対に妥協せずコンテンツをプレゼントするという点も共通する。今後、期待してくれ」と頼んだ。

ユン・ソクジュンCEOは「長い間、水面下で議論してきたビジョンを多くの方々にお見せするので、肩が重い。両社間の緊密なコラボレーションを通じてプラットフォームを確保し、優れたアーティストを披露する。多くの声援をお願いする」と覚悟を表わした。

これと共にBig Hitパン・シヒョク議長、Big Hitエンターテインメントユン・ソクジュングローバルCEOは、ユニバーサルミュージックグループ会長ルシアン・グレインジュ、インタースコープゲフィンA&MレコーズCEOジョン・ジェニクと一緒に協業のための署名をし、意味を固めた。

これにより、ユニバーサルミュージックグループ所属アーティストたちは、Big Hit独自のファンコミュニティプラットフォーム「Weverse」に合流し、ファンと一緒に疎通する見通しだ。ファンはこのプラットフォームで好きなアーティストと直接やり取りする一方、上がってくるコンテンツを鑑賞し、公式グッズも購入するなど極大化したファン経験を享受できるようになる。現在、「Weverse」はグレイシー・エイブラムス、「ニュー・ホープ・クラブ」、Alexander 23などのUMG所属アーティストたちのコミュニティを運営しており、今後YUNGBLUDなどより多くのUMG所属アーティストたちが、「Weverse」に合流する予定だ。

特にBig Hitとユニバーサルミュージックグループは、K-POPボーイズグループのデビュープロジェクトで世界を揺るがしている。このプロジェクトは、グラミー賞にノミネートされた「BTS(防弾少年団)」を発掘、成長させたグローバルエンターテイメント企業Big Hitと、ユニバーサルミュージックグループの主力レーベルであるゲフィンレコードが設立した合弁レーベルが主導する。ゲフィンレコードは、40年間グローバル音楽ファンにインスピレーションを与えたエルトン・ジョン、ガンズ・アンド・ローゼズ、ニルヴァーナ、アヴィーチーなど各時代を風靡したアーティストたちと一緒に、オリヴィア・ロドリゴ、YUNGBLUDなど、今日愛されるスターたちまで排出したグローバル音楽レーベル。

Big Hitとゲフィンレコードの合弁レーベルは、米国ロサンゼルスに本社を置き、Big Hitは米国現地法人であるBig Hitアメリカを介して、ユニバーサルミュージックグループ、ゲフィン・レコードと新しいK-POPボーイズグループのデビュープロジェクトで緊密な共同作業を行う予定だ。

米国市場に限らずグローバル舞台で活動する新しいK-POPボーイズグループのメンバーは、米国内のメディアパートナーと一緒に2022年放映を目標に推進しているオーディション番組を通じて選抜され、音楽だけでなく、パフォーマンス、ファッション、ミュージックビデオ、ファンコミュニケーションなどが結合したK-POPの「フルプロダクションシステム」に基づいて活動することになる。

WOW!Korea提供

2021.02.19

blank