セウォル号沈没事故を題材にした映画「あなたの4月」、4月1日韓国の劇場で公開へ


韓国で起きたセウォル号沈没事故(2014年4月16日に発生)から7年目を迎える中、”その日の記憶”を扱ったドキュメンタリー映画「あなたの4月」が来る4月1日、韓国の劇場で封切られる。

16日、配給会社によると映画「あなたの4月」は公開日を4月1日に確定した。

同作品は映画「ダイビングベル」(2014)、「悪い国」(2015)、「アップサイドダウン」(2015)、「ログブック」(2018)、「誕生日」(2019)、「幽霊船」(2019)などセウォル号沈没事故の真実を描いた映画に続く新たな作品となる。

映画「あなたの4月」は、4月16日に起きた事故を心に閉まって生きている”あなた”と”わたし”のストーリーで、心の奥深くにある希望を描くドキュメンタリー作品。

そして、全ての人たちがあの日以降、ずっと耐えてきた日々を通して観客に希望と慰労のメッセージを伝える。

「第24回釜山国際映画祭」のワイドアンコールセクションで初めて公開されて以降、「第45回ソウル独立映画祭」、「第13回シネマシア映画祭」、「第20回インディドキュフェスティバル」、「第12回DMZ国際ドキュメンタリー映画祭」、「第27回台湾国際女性映画祭」など世界有数の映画祭に招待され、作品賞を受賞するなど世界で認められた。

WOW!Korea提供

2021.02.16

blank