【全文】「シングアゲイン」参加者 YOARI、校内暴力疑惑を釈明「できる限り対応する」


韓国JTBC「シングアゲイン」参加者の YOARI(33)が校内暴力の加害者疑惑について釈明した。

YOARIは9日、自身のInstagramに長文を掲載した。

一方、最近、あるオンラインコミュニティの掲示板には YOARIが中学校時代、別の生徒を暴行したとする主張が提起され、 YOARIの校内暴力疑惑が浮上した。該当文の作成者は YOARIが“イルジン(校内の不良メンバー)”出身で、「生徒たちを殴って事件となり、自主退学した」と告発した。

以下は YOARIが掲載した文章。

こんにちは、 YOARIです。私は所属事務所もなく、こういう出来事にどう対処すべきか、また番組にご迷惑をかけるのではないかと心配し、最小限、決勝が終わるまで待って、こうして文章を残しています。

まず、私の個人的なことについて書かれた文章は事実ではありません。誰かも分からない人物の文章がここまで大きくなり、私や家族、周囲の人間に傷を与え兼ねないともどかしい思いです。

私はしてもいないことをどう説明し、証明しなければならないのかよく分かりません。中学1年を半年ほど通ったと思います。断定して立派な学生ではありませんでしたが、理由もなく誰かをいじめたり殴ったりする加害者だったことはありません。私は法を知らずに既に加害者という烙印が押されましたが、私ができる最大限の対応をする考えです。「シングアゲイン」の舞台はとても幸せで、成長できてうれしかったです…。何より、最後の祝祭日を私が汚してしまったようで…。

心配してくださったスタッフや「シングアゲイン」の先輩・後輩たち、審査委員の方々に申し訳なく、また感謝の思いだけです。ありがとうございます。

WOW!Korea提供

2021.02.09

blank