「バラコラ」「TREASURE」、「ユ・ヒヨルのスケッチブック」初出演で一発芸!ジフン&バン・イェダムは映画「パラサイト」名シーン再現!

2月5日(金)放送の「ユ・ヒヨルのスケッチブック」(KBS第2)第527話に、YGエンターテインメント(以下、YG)の大型新人ボーイズグループ「TREASURE」が初出演した。同番組はアンテナミュージックの代表であり、プロデューサー兼歌手のユ・ヒヨルがMCを務める人気音楽番組。ユ・ヒヨルは最近、YG所属の「SECHSKIES(ジェクスキス)」とコラボをしており、YGとは何かと縁が深いのでトークも弾んだ。

12人をステージに迎えたユ・ヒヨルはメンバーたちを見て、高校の担任の先生と学生みたいだと大笑い。確かに絵面がそうだ(笑)。そんな担任の先生のようなユ・ヒヨルに対し、バン・イェダムは「出演するのが夢だった番組だし、ユ・ヒヨル先輩と会いたかったメンバーたちもたくさんいるので、この場にいることがとても光栄です。プレッシャーもあり、緊張もしています」と初出演の初々しい感想を伝えた。

実はバン・イェダムとユ・ヒヨルの縁は「K-POPスター」から。あれからもう8年の歳月が流れたと懐かしんでいた。つまり、バン・イェダムは練習生期間が7、8年あったということになる。「デビューした日に泣いたんだって? 」と話を振られると、「それまでデビューするという感覚があまりなかったけれど、実際にデビューが近づいてきたら、練習してきた日々が走馬灯のように駆け巡り、ご褒美をもらったようで、意志も出てきたので、涙が出たのだと思います」と振り返った。

ちなみに、ユ・ヒヨルは「SECHSKIES」のレコーディングでYGに行った際、コーラスが必要で、そこにいたプロデューサーたちにコーラスが上手い人を紹介してほしいと言ったら、バン・イェダムを推薦され、プロデューサーたちがバン・イェダムをすごく褒めていたのだとか。それを聞き、「ありがとうございます」とサムズアップをして喜ぶバン・イェダムだった。

そして、新人の必須コースである一発芸コーナーでは、さまざまな魅力を発揮したメンバーたち。まず、リーダーのジフンは演技が好きだというソン・ガンホのモノマネを披露。映画「パラサイト 半地下の家族」での有名なセリフ「お前、いつも計画があるんだな」を再現したが、若干スベった?

すぐにもう一つあるとし、バン・イェダムがイ・ソンギュンの役となり、タクシーでのワンシーンを掛け合いで再現。ところが、「ちょっと待って。イェダムの方がもっと上手いじゃん! 」とユ・ヒヨルが大爆笑。おいしいところを持っていかれたジフンだったが、「リーダーはメンバーたちを輝かせる役割でもあるので」とセンスよく切り返し、その場をしのいだ。

(2ページに続く)

2021.02.07

blank